2018年02月21日

《モロモロ》何気に、アクション女優@HAさん

先日、
「今夜、ロマンス劇場で」を観て
どんどん好きになっている
女優・綾瀬はるかさん。
この映画では、
古いモノクロ映画「お転婆姫と三獣士」から飛び出した
凛々しく、高飛車なお姫様・美雪を演じています。

おっとり、ほんわか系の干物女「ホタルノヒカリ」や
新米CA「ハッピーフライト」の役をやるかと思えば・・・。

普段のしゃべりは、どちらかと言えば、そっち系の
天才的な天然キャラ。
「ロマンス劇場」の出演者でのトークで、
鎖骨が美しい、ドレスのデコルテが美しくて見どころ!
何て話題に上がると、
「そういえば、小さいころお婆ちゃんとお風呂に入って
 鎖骨にどっちが水がたくさんたまるか、
 ってやってました」と、綾瀬はるかさん
しっかりと、関連した話題を出してくる。
しかも微笑ましい(笑)

・・・しかし、
ほんわか、おっとりしているのかと思うと、
実は、運動神経がいい。
(だからって、天然なのが演技なんて思いません)

「ICHI」(女座頭・市)を観て
なかなかやりおるな、って思っていたけど、最近は
「精霊の守り人」(短槍使いの用心棒)や
「奥さまは、取扱注意」(元・特殊工作員)。

逆手に持った刀を短槍にもちかえて、
「精霊の守り人」実は、まだちゃんと見ていない。
合成やワイヤーアクションでしょ?
って、声も上がるかもしれないけど、
メイキングとかで、生身の練習風景を見ていると、
身のこなしが“運動できる”って感じです。

しかも、凛々しい綾瀬はるかさん!

さらに、
「奥様は、取扱注意」では、刀や槍を持たず
生身の格闘。
壁に上り、壁伝いにヒョイヒョイ歩く。
(もちろん、ワイヤーで吊っています)
男たちともバトル!
殴る、蹴る、関節をきめる。
(※役を演じるに際し、カリ・シラット(東南アジア武術のカリとシラットの複合武術)を学んだようです)

原案・脚本:金城一紀
(「SP 警視庁警備部警護課第四係」「BORDER」
 「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」など)
で、西島秀俊が出ていたら、こうなるでしょっ!
って感じですが、
映画化はどうなっているのかな?
映画じゃなくて、
二時間スペシャルくらいでもいいけど。

そんな、綾瀬はるかさんが、
「今夜、ロマンス劇場で」の中の映画が、
「お転婆姫と三獣士」って、フル尺で観てみたい!
ちょこっと、長い槍を振り回していましたが、
「おぉーっ!」って、思ってしまった。

高飛車? お姫様だし!!
近寄る男たちから体をかわし、傘でペシっと一撃、
凛々しく「無礼者っ」。
(日傘や雨傘を持っているシーンが多い)
(美雪姫は、護身術とか習っていたのかな?
 お転婆だから、そんなに動けるのかな?)
下部の健司(坂口健太郎)も
ペシペシやられています。
これは、映画の中での“ある秘密”が
関係しているんだけどね。

そんな運動神経の良さは、「VS嵐」で、証明ずみ!
(映画「今夜、ロマンス劇場で」の宣伝で、
 綾瀬はるか、坂口健太郎、本田翼、
 石橋杏奈、中尾明慶、竹中直人で出演。
 竹中さんは、映画で何役でしょうか?
 「お転婆姫」の中に出ています)

これからも、隠れたアクション女優としても
活躍を楽しみにしてます!

ほなな
posted by たにぃも at 19:57| Comment(0) | TV・ドラマ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

すずサンの日常をえがいたアニメ@「この世界の片隅に」

CM、予告編での印象とは違った!
(「君の名は。」「聲の形」もそうだった)

CMだけでは、
「何か、戦争の映画だし・・・」と
ちょっと、二の足を踏んでいた。

しかし、
映画評論家・町山智浩さんのたまむすびでの話を聞いて、
かなり、観たくなった。
(ミリタリー好きなわけではないが
 「兵器描写が超リアル」ってとこも、少し気になる。
 あの絵柄で!?)


公式サイトで、上映館を調べてみると少ない!
いちばん近いシネコンではやっていない。
どうせ観るなら早めに観るか。
(11月26日から少し増えているみたい)

ネット予約ができるので、
公開週の水・木曜あたりに、予約状況をみてみるとそんなに混んでいない。
その時は、とりあえず予約はしなかった。

週末が近づいてきて、行けそうだし、
“日曜夜割引”があるということを知り、予約。

週末が近づくにつれて、どんどん席は埋まっていく。
(当日は、出る人、入る人で凄い熱気)

11月12日(土)公開
舞台挨拶の模様が、LINE LIVEで、生中継。
のんチャン(本名 能年玲奈)他、声優さん達が登壇。
アーカイブが残っていたので、
それを見てから劇場へ向かいました。


2016年11月13日(日) 21時00分〜

映画がはじまると、
主人公の浦野すずの幼少期が、テンポよく描かれる。
天然系で、ちょっと不思議ちゃん?
その声はのん(本名 能年玲奈)。
この辺りは、ある意味、「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」的な雰囲気でもある。

実は、すずさんのキャラは、
「あまちゃん」天野アキというか、本人・のんともダブる。


時代は、その時に近づいていくのだけど、
“日常”は続くし、後から見れば“非日常”なのかもしれないけど、その渦中では“日常”。
あくまでも、すずちゃんの日常には、ほんわかムードが漂う。

それでも、あの絵柄からは想像しなかった
“戦争のリアルさ”が描かれている・・・。
あるシーンでは、ある意味「プライベート・ライアン」のような、
戦場の真っただ中にいる感覚がした。

戦争が終わっても、“日常”は、さらに続く。
エンドロールもお見逃しなく。

何とも、
観ないと分からない感覚。


ほなな
posted by たにぃも at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ドラマ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

《TV》最終週「あまちゃん」で、一寸@再放送

「あまちゃん」再放送が、
とうとう最終週、そして最終回。

私は、再放送がはじまる時点では気が付いてなくて、
アキが東京へ出る前くらい(?)、出る頃から観はじめて、ここまで来ました。

何か、薬師丸ひろ子と小泉今日子が、
並んで出ているシーンって、今みても、不思議?
音痴改善のボイトレとか、結婚式とか、
屋根裏の若い頃を春子の部屋とか・・・。


そして、放送当時に録画してあったBDを出してきて、
お先に、最終回まで見ました。
それは、
続いて、NHKオンデマンドで、
「あまちゃん」秘蔵動画集
 第64回紅白歌合戦「あまちゃん」コーナー
 特別編(第157回)「おら、紅白でるど」
を観たかったから。

「あまちゃん」は、全部録画しているわけではなくて、
「朝まであまテレビ」でのダイジェスト版をBDに保存していて、“震災”と“最終週”ぐらいをフルで保存してありました。
紅白は、録画するつもりだったけど、失敗。

そんなワケで、オンデマンドで観たのだけど、
「暦の上ではディッセンバー」を歌ったのは、
アメ女とGMT。だけど、
GMTを止めた宮下アユミ(山下リオ)が出ているから、
「あれ?」って思ったら、
GMTの小野寺ちゃん役の優希美青ちゃんが出てなくて、
ベロニカも、
ベイビーレイズも出てるみたいだけど最年少(渡邊璃生)がいない。(現・ベイビーレイズJAPAN。最年少だけ、何とか認識している、くらいかな?)
15歳未満で、出れなかったんですね。

小野寺ちゃん役の優希美青さんといえば、
「マッサン」に出ていて、
(何か、見たことがあるなぁ)と思ったら、
「小野寺ちゃん、やぁ!」
こないだまで「デスノート」見ていて、
(ニアやくの人は誰なんやろう・・・)って思いつつ、ぜんぜん調べることもしていなかったんやけど、
つい昨日、知りました。
「あ”っ! 小野寺ちゃんやぁ!!」って。
「マッサン」の時、(凄く痩せたなぁ)って思っていたんやけど、
活動休止後の復帰作が「デスノート」だったみたい。
髪が白くて、前髪であまり顔が見いてなくて、ショート(ちょっと、ふっくらした?)で、全然印象が違ったしね。

喜屋武(きゃん)ちゃん(蔵下穂波)は、
「美女と男子」に出ていたり、
GMTリーダー役の松岡茉優さんは、
映画、ドラマに、バラエティ、CMと活躍中。
まあ、それぞれ、がんばってますね。


話は「あまちゃん」ですが、

「三途の川のマーメイド」を「三代前からマーメイド」に変えるのは、まあ、大々的にやっていますが・・・
(“寄せては返す 波のよう”は、変わってなかったよね
 “17歳”もww)

いまさらですが、
「早生まれのマーメイド」って、
先日の夏ばっぱと鈴鹿さんの会話からすると、
夏「鈴鹿さんは、春子のひとつ上か?」
鈴鹿「年はひとつ違いです。でも、早生まれなので
    学年はふたつ違います」
 (大体こんな意味の会話)
鈴鹿ひろ美が、“早生まれのマーメード”って事なんですかね。

「友達少ないマーメイド」も、
「親譲りのマーメイド」に変わって、マイナスイメージの言葉が、
変えられていきました。
それにしても“三途の川のマーメイド”って、
あんまりな歌詞ですよね。
変える前提なんでしょうけど、それにしても・・・
これについては、また、後ほど触れます。

当時の放送の時も、あまり、じっと画面に噛り付いて観ていなかったし。(ネット上での解読、深読みなどもほぼ見ていない)再放送とかで、何度も観ていたわけではないので、今回見ていて、改めて気づくことがありました。
さっきの“早生まれ”もそのひとつ。

そして、アキがユイに、
鈴鹿ひろ美の“音痴”を告白する件(くだり)で、
ユイ「春子さんが、影武者?」
アキ「影武者じゃねぇ、落ち武者だ!」
と、わざわざ間違った方に言いかえるところで「?!」。

アキは、自分がウニをひとつも取れない時に、
安部ちゃんが“影武者”として、海の中で渡すなど、
何度か“影武者”を“落ち武者”と言って、訂正されている。
言い間違えなら、“影武者”と正しくいったのを
“落ち武者”って、言い張るのは変ですよね。
特に、後になって思うと、ただの言い間違いではなくて
“落ち武者”という言葉が、
とても意味を持ってくるように感じました。

海女のアキの影武者、
アメ女のシャドウ、
そして、天野春子と鈴鹿ひろ美。

【落ち武者】とは、“戦いに負けて逃げてゆく武者”
これって・・・。
まわりから見て、どうかってことより、本人の気持ちとして、
春子は、アイドルの“落ち武者”なのか?
若い頃の春子は、“影武者”をして、
その後、デビューすることができなかった、
不成仏な“落ち武者”の亡霊?

そうなると“三途の川”という言葉も意味が深くなる。

宮藤官九郎さんは、
どこまで初めっから決めていたんでしょうね。

何かで、ご本人が言っていましたが、
小ネタの中には、作っている方は、そこまで考えていなくて、
観ている人が深読みして、
「そういえば、そうとも取れる。そうしときます・・・」
みたいなモノもあるようです(笑)


ほなな
posted by たにぃも at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ドラマ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

《TV》「あまちゃん」再放送@まさかのタイミング

私は、「あまちゃん」の再放送を土曜の一挙放送を
録画をして観ています。
なので、少し遅くなりました。
(当時、一度観ていますし)

この二週、
9/7(月)〜12(土)放送
「おら、みんなに会いでぇ!」

9/14(月)〜19(土)放送
「おら、やっぱりこの海が好きだ!」を観ました。

それにしても、
このタイミングで、津波の回。

9月5日(土)に、ユイが東京へ向かうところで終わる。
そして、7日(月)の放送で、津波が起こる。

その週の9日〜11日には、
台風18号による、鬼怒川氾濫、水害のニュース。

されに、16日にチリ巨大地震が発生。
17日には、津波の予報が。

9/14(月)〜19(土)放送
「おら、やっぱりこの海が好きだ!」では、
アキが、夏ばっぱに、なぜ、怖い目に遭っても北三陸に住み続けるのかと聞いたとき、60年前にも津波があったと・・・。
それが、1960年のチリ地震による津波。

何だか、ゾクっとしました。


私は、2011年3月5日に『ヒア アフター』を観ました。
3月11日に、東日本大震災。
アキじゃないけど、まさに「映画みたい」って、思ってしまいました。
(映画は、当時3月14日に、上映中止に)

阪神・淡路大震災の時、
私は、西宮に住んでいて、神戸で働いていました。
崩れた家や、傾いたビル、高速道路が分断されて落ちている現場も見ました。
それでも、津波の映像は、凄すぎて、その瞬間は、“ただテレビの向こう側の事”のようで、現実味がなかったのを覚えている。

トンネルから出てきて、現状を見た
ユイちゃんの表情。
そして、崩れたジオラマ。
それで充分、当時のことを思い出す。

ドラマは、いよいよ佳境。
復活! 潮騒のメモリーズZ!!

「あまちゃん」は、再放送でも、人気があるみたいだけど
能年玲奈にとっては、
早くイメージを払拭したいのかもしれませんね(苦笑)


ほなな
posted by たにぃも at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ドラマ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

《テレビ》「暦の上ではディセンバー」って!@あさイチ

12月6日金曜日
連続テレビ小説「ごちそうさん」の流れから
「あさイチ」で、イノッチと有働さんのコメントを聞こうと
テレビを見ていると、
画面の右上の隅には「あまちゃんスペシャル」の文字。
「おっ!」
イノッチが
「“暦の上では、ディセンバー”ですねぇ」というフリ・・・。
即、録画を設定して、仕事へ。

「暦の上ではディセンバー」ってことで、
流行語大賞も決まりました。
「今でしょ!」「倍返し」「お・も・て・な・し」
そして「じぇじぇじぇ」の4つが大賞!!!!。

紅白歌合戦PR大使は、能年玲奈ちゃん。
いろんな番組でも、
“海女軍団”がそれぞれ出演して、「あまちゃん」裏話そしていますが・・・。


番組は、“メガネ会計ババア”こと、木野花さんをゲストに迎え
「あまちゃん」出演者&脚本家のプレミアムトークの総集編。
私は、能年ちゃんのしか見ていなかったので、嬉しい!

<プレミアムトーク “あまちゃん”スペシャル!女三代語ります>
ゲスト:木野花さん(女優・演出家)
VTRゲスト:
能年玲奈さん(女優)、渡辺えりさん(女優・演出家)、
小泉今日子さん(歌手・女優)、
宮本信子さん(女優)、
宮藤官九郎さん(脚本家)

さらに、こんな情報も

連続テレビ小説「あまちゃん」の総集編
「暦の上ではディセンバー これで見おさめ!? じぇじぇじぇ!“あまちゃん祭り”」を、12月30日の午前8時から午後6時まで、総合テレビで放送することを発表した。
総集編を10時間にわたって放送するのは極めて異例。
また、ヒロインを務めた能年玲奈(20)を大みそか放送の紅白歌合戦の「紅白PR大使」に起用することも発表した。
“暦の上ではディセンバー”の年の瀬。「あまちゃん」が10時間にわたって総合テレビをジャックする。

これは、ちょっと前に発表されていたみたいあだけど、
知らなかった!
とはいえ、「あまちゃん一週間」の一挙放送のよう。
「朝まであまテレビ」の完全版? ってこと? かな。
8時から18時、10時間!!!
20分(一週)✕ 26週(放送週)=520分(約8時間40分)
間に、ニュースなど入るようだけど。
ほとんどは、見たものだけど、
ちょこっとは、能年ちゃんの新しいコメントがあるんでしょうね。

一応、楽しみ!!


ほなな
posted by たにぃも at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ドラマ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

《ドラマ》最後の「あまちゃん」談義@ポッドキャスト

あまちゃんファンブック2
『おら、やっぱり「あまちゃん」が大好きだ!』が、
11月30日に発売されるみたいですね。

その前に、10月31日発売で、
『あまちゃんメモリーズ』文藝春秋×PLANETS
(表紙が決まりました!)

11月7日発売で、
『ありがとうあまちゃん じぇじぇじぇ大研究』
(大日本あまちゃん研究会)

東京ドラマアウォード2013で7冠、
能年玲奈ちゃんが、次はヤンキー映画に出演、
テレビでも「あまちゃん」俳優が活躍、・・・などなど、
まだまだ、「あまちゃん」の余韻は冷めやらず。

そして、ついに(?)
「しゃべくり007」に能年玲奈ちゃんが出演!!
(2013年10月28日)

そんな中
私は、ポッドキャストで、“あまちゃん論議”を楽しんでいます。
「あまちゃん」が、面白いがあまり、愛するがあまりの
批判的なといいますか、もっとこうだったらイイのにと、
それぞれの方が述べております。
いろんな視点があって、面白いので番組をご紹介。


まずは、
『おら、「あまちゃん」が大好きだ!』(8月30日発売)
にも掲載されていた
「オレたちのあまちゃん論」東京ポッド許可局
の、その後の音源がまだあります。
(これは、「2」に掲載されるのかな?)

TBSラジオ 東京ポッド許可局
(マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオ)
許可局2013年7月20日@「美保純と美保純論」
許可局2013年10月5日@「最後のあまちゃん論」


そして、
EnterJam ザ ノイジーズ The Noises
(エンタジャムが生ぬるいネットラジオ業界に殴りこみ(笑)映画・ゲーム・アニメ・漫画・音楽から精神世界まで、ありとあらゆるキーワードで自分が好きなことだけノンストップで語りつくすネットラジオ!)

2013.08.15 Thursday
第503回
本日のお題:「あまちゃん」について語ろう!
2013.09.03 Tuesday
第510回
本日のお題:「あまちゃん」についてもっと語ろう!
2013.09.07 Saturday
第512回
本日のお題:一体どうしたんだ!?「あまちゃん」!!について語ろう!
2013.09.24 Tuesday
第518回
本日のお題:もう〜!「あまちゃん」の面白さわかってないじゃん!クドカン!!について語ろう!
2013.10.10 Thursday
第525回
本日のお題:ひっそり「あまちゃん」について語ろう!


さらに、
うるせえやつら - to the happy few -
(ラジオ『うるせえやつら 〜to the happy few〜』はPodcastで配信中。パーソナリティはアベとフマ。)

Episode.06 第1部「あまちゃんはアイドルを描けているか!!!??」
Episode.06 第2部「震災とあまちゃん 宮藤官九郎は311をどう描いたか」
Episode.06 第3部「あなたはどう見る??あまちゃん最終回!!!!」


以上は、PC、スマホのホームページから、
もしくは、iTunesで、聴くことができます。

他にも、細かいのがいくつもありますので、
検索して、聴いてみてください。


ほなな
posted by たにぃも at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ドラマ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

《TV》まだまだ“あまちゃん”スペシャル?

「あまちゃん」が終わって、まだ? もう?
3週間ですが、いかがお過ごしですか?
総集編も終わってしまいましたね。

私は、杏さんも好きなので、
ぼちぼちと「ごちそうさん」も見ています。
そして「ちりとてちん」の再放送も始まって、何だか忙しい。

そんなか
『あまちゃんメモリアルブック NHKウイークリーステラ臨時増刊10月30日号』
『あまちゃんファンブック おら、「あまちゃん」が大好きだ!』
何かをぼちぼち読みつつ
あとは、Youtubeやポッドキャストで
「あまちゃん」ネタのものを見つけて、見たり聞いたりしています。


そして、まだまだ“あまちゃん”スペシャル
ってことで、

突撃!アットホーム
まだまだ“あまちゃん”スペシャル
(能年玲奈ちゃんがサプライズで登場!)
[総合] 2013年10月19日(土) 午後8時00分〜8時43分
(再) [総合] 2013年10月24日(木) 午後4時05分〜4時48分
MC:大竹一樹(さま〜ず)、三村マサカズ(さま〜ず)、久保田祐佳

明日へ 1min「あまちゃん 岩手をゆく #1〜6」1分×6本シリーズ
(能年玲奈さんが、NHKスマイルキャラバンと一緒に岩手県沿岸部の小学校、中学校、仮設住宅、仮設商店街を電撃訪問!!)
一挙放送 10/20(日)16:05〜
10月14日(月) 午前11時35分、午後7時55分、
(今週、一回ずつ放送をしていましたが、台風関連で予定がくるいました)
★放送はニュース枠の拡大などにより休止となる場合があります。

他にも
小池徹平さんは、ミュージカル関係でちょこちょこ出ているし、
松岡茉優さんも、「あまちゃん」効果と自ら言いつつ出ています。
渡辺えりさんや、美保純さんなども!
薬師丸ひろ子さんがCDを出すのも影響あり?

実質、数秒しか出ていない大久保佳代子も、「あまちゃん」女優気取り?
「爆笑問題」田中さんは、「じぇじぇじぇ!」を気に入ってみるみたい?

まだまだ、「あまちゃん」旋風は、さめないですねぇ。


ほなな
posted by たにぃも at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ドラマ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする