2010年09月20日

ノート2(開)読もうとしている落語本@堀井憲一郎編

堀井憲一郎著
(1958年、大阪生まれ。)
私が落語を好きになり、ちょうどその頃「ずんずん落語」を聴いた。
堀井さんに、落語へいざなってもらったようなものです。
その内容の一部は、「青い空、白い雲、しゅーっという落語」
の中にも収められています。
そして、これから読んでみようかと思っている本がこちら

「落語の国からのぞいてみれば」
まえがきより――
「ちょっと二百年ほど昔に戻ってくるわ」
そういう気分の新書である。…
 ま、椅子型一人乗りタイムマシーンに乗って二百年戻ってもよかったんだけど、
それだとカラダがきつそうなので、とりあえず落語を使った。…
 言ってみればこういう感じ。
『街角の煙草屋のちょっと先の江戸までの旅』
 ちょっと長い。…

「落語論」
本文より――
落語とは、ライブのものである。
会場に客がいて、その前で演者が喋る。それが「落語」である。
場。客。演者。
このどの要素が落ちていても落語は成立しない。
第1部 本質論
第2部 技術論
第3部 観客論

この二冊は、図書館で借りてみた。
試し読みして、買うかどうか考え中。


ほなな
posted by たにぃも at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

BOOK・OFFで購入 で、一寸

連休中


ノート2(開)「バガボンド」30巻

ノート2(開)「もやしもん」7巻

ノート2(開)「プルートウ」8巻

立川志の輔
CDCD/DVD「志の輔らくご 両耳のやけど3」
八五郎出世・芝居の喧嘩

桂吉朝
CDCD/DVD「おとしばなし『吉朝庵』1」
地獄八景亡者戯

DVDCD/DVD「爆BAKU!」

を買った。


ほなな
posted by たにぃも at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

【落語】本屋に行ってみたら(情報)

古今亭志ん生師匠の写真が眼に入った。

【今号の表紙】
没後35年。長男の馬生、次男の志ん朝とともに、
いまだ名人として語り継がれる五代目古今亭志ん生。
八方破れの生き方を肥やしにした話芸を、
今号付録CDにてお楽しみください。
写真/田島謹之助


「サライ」でまた特集やってる!

特集
続々々「落語入門」
――夫婦の情と親子の絆に思わず、ほろり
(「ぞくぞくぞく」って!)


特別2大付録

サライ・オリジナル落語CD
昭和の名人の十八番で聴く 夫婦噺・親子噺

五代目古今亭志ん生『鮑のし』
八代目桂文楽『厩火事』
八代目林家正蔵『火事息子』

昭和の名人 八代目桂文楽 復刻手ぬぐい
(復刻手ぬぐいの付録は気に入りました)


【雑誌】(2008年12月10日(水) 昼)
旧「ODNmあいぺーじ」より転載
posted by たにぃも at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

マンガ「ナッちゃん」全21巻

ついに最終巻! 坂本工作所“閉鎖!?”

「何巻、何話から読んでもオモシロイ!
 仕事が楽しくなる 「創意」と「工夫」の“鉄工所”マンガ」

「どんな難問も解決してきたナッちゃんですが、経営難だけには勝てまへん。
 坂本工作所は大ピンチ! どうするナッちゃん!? 
 オンリーワンの鉄工所漫画、ここに完結!!」


宣伝文句を並べましたが、増刊号の読切作品で始まり、
増刊号に毎号載り、本誌で月イチ、
そして毎号連載へとじわじわ段々と人気が出てきたらしいです。
「ものづくり」の好き人には、面白く読める漫画のはず。
スーパー・ジャンプ連載の作品のなかでは、
女性のファンが多かったらしい。
主人公のナッちゃんとあと2、3人以外登場人物はおっさんばっかりなのに。
男の中で働く女性の姿に共感したのかな?

大阪の中小企業の町工場の話なのですが、
ときどき大阪の芸人の誰かに似た顔が出てきます。
それを見つけるのも面白い! 正解は分からないけどね。

ジャンプ・コミック デラックス
「ナッちゃん」全21巻 たなかじゅん著 集英社


2007/06/07 14:26
旧「ODNまいぺーじ」より転載
posted by たにぃも at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

漫画「ベビーシッター・ギン」第9巻

GWも関係ない?
子育てをするママさんの“隠れたバイブル”。
私は、結婚もしていませんし、
子どももいません。
でも、おもしろい、感動する、時には涙します。

主人公は、スーパー・ベビーシッターのギンさん。
ちょっと怪しげな? “メリー・ポピンズ”スタイル。
“天使ちゃん”の幸せのため、ママやパパの幸せのためならどこへでも!
いろんな天使ちゃん、ママ、パパが登場します。

この第9巻では、
ギンさんが天使ちゃんだったころの物語が
そして、ナニーを目指すきっかけが明らかに!

作者は、
大和和紀さん(「はいからさんが通る」「あさきゆめみし」)
ご自身の育児体験が生かされているのでしょう。
育児中の方はもちろんのこと、これから育児をする方
さらには、育児を済ませた方、育児してもらった方々におすすめ!


2007/05/04 16:15
旧「ODNまいぺーじ」より転載
posted by たにぃも at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする