2015年09月09日

《書籍》ぼんとリンちゃん@小説版

『ぼんとリンちゃん』の小説版を
読み終えた。
古本を買ったので、帯は無い。

小説版『ぼんとリンちゃん』と


『ぼんとリンちゃん』の下にあるのは、
雑誌『サライ』9月号(8月10日発売)
表紙は、古今亭志ん生。小さく三遊亭圓生も。
【戦後70年特集】
昭和から平成へ、受け継がれる話芸の粋
「落語」の本領

ちょうどよかったので、置いてみました。

『ぼんとリンちゃん BONLIN』
著者:小林啓一  カバーイラスト:星のリリイ
竹書房文庫(2014年8月28日発売)

巻頭の口絵には、映画のシーンが、
漫画のコマわりの様にレイアウトされている。

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
(それぞれの章が、ひとりの視点で書かれています。
 見出しの後ろにつけた人の視点で、書かれています。)

【目 次】
スルメジャコフは嫌いじゃないぜ__ぼん
ハードボイルドな僕の気分___リン
なっちゃんには言えない___みゆ
好きなキャラを受けにしますね、だいたい__ぼん
僕の場合、妄想というより杞憂に近い___リン
この道しかない、です____みゆ
駄洒落をよく言う人はストレスが溜まっているよいう噂__ぼん
パン工場、時給七七五円の使い道___リン
料理と告白_____みゆ
*_____________ぼん
もう物に釣られないようにしようと誓った___リン
肉便器って、せめて“ちゃん”をつけて___みゆ
孤独、孤独、孤独、だが、それでいい_____ぼん

さて、なかなか寝かせてくれないんだが___リン

本当は、あたしって言うキャラになりたかった__みゆ
あら、誰が休んでいいって言ったのかしら__ぼん
七秒後のねえさんと八秒後の僕___リン

あとがき

≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪
べびちゃの一人称は、無いんだね。
残念。

この目次をみても、内容がよくわかりませんね(笑)。
何となく、分かるものもありますが・・・。

全部で260頁。そのうち、
「さて、なかなか寝かせてくれないんだが」の章だけで、
100頁。
(僕は今、東京へ向かっている。勿論ねえさんとだ。・・・)
 と、始まり、
(・・・「あー! ハートがクソいてえ!」
  僕はねえさんが好きだ。 大好きなんだ。)
 と、終わる。
この章が、映画の九割を占めている。

続いての「みゆちゃん」の章を飛ばして、
最後の二章にも映画になっている部分があります。

映画では、みゆちゃん自身が出てくるのは、
最後、クライマックスのみだったけど、
小説では、ぼんちゃんと友達になった経緯や、
“肉便器”命名の経緯、その場に、みゆちゃんもいたことも書かれている。
そして、みゆちゃんが、東京へ行くことになった経緯、家庭の事情も書かれている。

同じ場面が、それぞれの視点で書かれているので、
各自の心情が知ることができて面白い。

“創作活動”に入った、ぼんちゃんが、行き詰り、
“覚悟”をして、じいちゃんの書斎にのりこむ。
そして、『なめくじ艦隊』という文庫本を見つける。
「落語家、古今亭志ん生師匠の『なめくじ艦隊』は最高だった。いにしえの名人の自伝だ。」
そして『びんぼう自慢』。
「志ん生と芸の関係こそが私の目指すべきものではないか。 なんだろ、かっこいいのだ。」
「・・・私はこの本、いや、志ん生に心底ハマった。それから志ん生絡みの本を読み漁った。・・・志ん生が高座でやった落語全集を読んだり、CDで志ん生の落語を聞いたり、・・・。ついでにその息子の馬生や志ん朝にまで興味が向いてきた。その一門の人たちの本、桃月庵白酒とかいう人の本まで気になって、このあいだ立読みした。・・・」
その結果、「志ん生×圓生」の迷作(?)誕生!

べちちゃんの部屋へ行ったときの
リンちゃんにいる部屋の描写で、
部屋に雑然と置いてある、キャラグッズ、DVDのパッケージのアニメやエロゲーのタイトルが書かれている。
ほぼ1ページが埋まるぐらい、ビッチリと並んでいる。
んー、まったく 知らん。


著者である小林啓一さんが、
(映画では、監督・脚本、そして撮影も)
あとがきで、
「・・・この小説版の『ぼんとリンちゃん』は、決して映画の後付けではない。いや、後付けの部分もあるか。
  この小説の大半の内容はキャストのみんな(特に佐倉さん、高杉くん、比嘉さん)に話してある。・・・すごく大まかにだが。・・・」
映画でも撮影したが、カットされたシーンもあるようで、DVDなどの特典映像で見ることができるかもしれない。


“肉便器救出作戦”の後日談もイイ。
“救出作戦”は、完全なる失敗に終わったのか?

小説版には、
「映画にはなかった、
 ぼん、リン、みゆのそれぞれの今、希望。」が、
書かれていた。

未来へ向かっている感じ。
気持ちいい。


ほなな
posted by たにぃも at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

本屋で買った「・・・」と「着物」

男の着物の本を置く本屋ってあまり無いんよね。
でも、家の近くにある何軒かのうちの一つに、置いてくれるところがあるよね。

最近、また着物に気持ちがいっていて
久しぶりにその本屋へ行ってみて、見つけた本。


「ビジュアル版 男のきもの大全」

着物伝承家 早坂伊織(著)
定価(本体2200円+税) 草思社
A6サイズ 320ページ
(2011年4月28日 第1刷発行)


帯(表紙側)
500点超の写真・イラストに、充実の解説。
着物の基本知識から、スマートな着こなし術、お手入れ、着物暮らしのコツまで、
愛好者もビギナーも必読の、総合着物ガイド。

(「着物のすべて」がわかる決定版!!)


帯(裏表紙側)
◆おもなな内容◆
1 着物の種類
   日常着・外出着・礼装/染めと織り/絹・麻・木綿・自然布・・・etc.
2 着物を知る
   長着/羽織/袴/帯/襦袢/褌/足袋/和装履物/和装コート/扇子/和傘・・・etc.
3 着物を着る
   帯の締め方/羽織紐の結び方/袴の着け方/褌の締め方/着崩れの直し方・・・etc.
4 着物のメンテナンス
   普段の手入れ/洗濯/汚れ落とし・シミ抜き/畳み方/収納と保管・・・etc.
5 着物を買う
   着物選びのポイント/反物の知識/仕立ての極意/和装コーディネート・・・etc.
6 着物で暮らす
   着物でトイレ/食事をする/乗り物に乗る/雨の日の外出/汗対策・・・etc.


30年以上にわたり着物で生活し、
1997年、日本初の男のきものの情報サイト「男のきもの大全」を開設した著者。
基礎知識から、実践を踏まえた内容まで、タップリの内容になっています。

第6章では、
「トイレに行くにはどうするの?」から
着物、扇子、そして、袴、褌、印籠の数え方も載っています。
口絵が、カラー 16ページ。
中にもカラーがありの2色刷り。

至れり尽くせりで、これ一冊でOKって感じです。


ほなな
posted by たにぃも at 23:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本屋で買った「落語」と「・・・」

「落語ファン倶楽部 VOL.13」
JUNE.2011 高田文夫/笑芸人編 白夜書房

春風亭昇太 X 立川談春
「春風亭 vs 立川流 どこか気が合うふたりの 談論風発?対談

【総力特集】
今こそ滑稽噺で笑って元気に

滑稽噺 すぺしゃる問答
さん喬 VS 権太楼
「落語の根本は滑稽噺といっても過言ではないんです。」

桃月庵白酒 X 春風亭一之輔
「若手実力派が語る滑稽噺攻略の極意」

三遊亭小遊三
「僕らの滑稽キング登場!楽しくやらなきゃ滑稽噺はもちません。」

三遊亭遊雀 X 三遊亭兼好
「軽い噺のほうが手がかかるんだよネ」

立川左談次 X 立川談幸
「立川流 泣き笑い兄弟船」

立川志らく
「こんなときだからこそ、滑稽噺をやるべきなんです。」

志ん生、馬生、志ん朝にいる、古今亭の滑稽噺の伝承
五街道雲助
「落とし噺のソウルをポンとぶつけるのが古今亭の芸なんです。」


傑作“読み切り”落語『噺家の春』
立川談春

特典CD 滑稽噺(二席)
トラック1 橘家文左衛門『千早ふる』
トラック2 三遊亭遊雀『船徳』
トラック3 文左衛門 X 遊雀 滑稽対談
     (進行/立川志らら 乱入/高田文夫)

まったく、読んでません。


ほなな
posted by たにぃも at 23:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

《雑誌》娯楽のチカラ。04柳家喬太郎≫新作落語

今日、本屋へ行って目に入った本!

「BRURUS 2011/7/1」
特集 落語のチカラ。
 娯楽好き60人が薦める音楽、映画、お笑い、イベント・・・
 +
特別付録/ココロが晴れる本・マンガ110冊


01 松本人志 ≫ 娯楽序論
・・・・・・

04 柳家喬太郎 ≫ 新作落語

紹介されている落語家と演目
(収録されているCDを私が紹介)

三遊亭円丈『遥かなるたぬきうどん』
(CD「円丈落語コレクション 7TH」に収録。)

春風亭昇太『ストレスの海』
(CD「極一席1000シリーズ 春風亭昇太 ストレスの海・力士の春」
 CD「春風亭昇太2 26周年記念落語会-オレまつり」に収録。)

林家彦いち『掛け声指南』
(CD「SWAのCD 2006 −夏休み」
 DVD「SWAのDVD」にも収録。)

三遊亭白鳥『任侠流山動物園』
(CD「三遊亭白鳥3」に収録。)

柳家喬太郎『ハンバーグができるまで』
(CD「喬太郎 落語秘宝館 5」に収録。)

生で聴いたのは、
「掛け声指南」「ハンバーグができるまで」

・・・・・・
29 いとうせいこう ≫娯楽総論


喬太郎さんおページは、見開き、2頁のみでした。
立ち読みでもいいけど、他も読みたいので、買いました。


ほなな
posted by たにぃも at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

【書籍】現代落語の基礎知識

と、いう落語論?

【帯コピー】
落語評論の真打登場!

そーだったのか!?

「フラ」ってなに?
「本寸法」とは?
知っているようで知らなかった落語用語を解説し、
なぜ、いまの落語がサイコーにおもしろいのかを解き明かす
画期的落語読本!

【もくじ】
第一部
現代落語の基礎知識

落語ブーム
古典落語
名人
本寸法
寄席
ネタ
フラ
マクラ
サゲ


第二部
私が目撃した現代落語史

一九九〇年以前の落語体験
一九九三年、『落語のピン』
二〇〇一年、志ん朝の死
世代交代と「落語ブーム」
落語ブームと「仕掛け」
「同時代」の芸能としての落語
立川談志の思い


【感想】
キーワードの解説と、
現代落語を体験している著者による意訳。

第二部。
著者は、私より5歳先輩ですが、ほぼ同時代を生きながらも、
かかわらずに生きてきた落語の世界を、
遅れてきた私たちに教えてくれます。

ま、思い入れたっぷりなので、こんなもの客観的ではない!
と、嫌う人もいるかもしれませんが、
私は
面白かったです!

上方には、触れられていませんが。

落語会で、ちょくちょく見かける
広瀬和生著


ほなな
posted by たにぃも at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

ノート2(開)読もうとしている落語本@松本尚久口

ポッドキャストで耳聴いている
「つか金フライデー」で書籍、著者のことを知りました。
(今日は、「幻の爆笑王 川柳川柳登場」(2)です)

松本尚久
(1971年、東京生まれ。)

「芸と噺と―落語を考えるヒント」
第一章 立川談志
第二章 林家木久扇
第三章 柳家小満ん
第四章 月亭八方
第五章 三遊亭歌之介
第六章 桂小金治
第七章 古今亭寿輔
第八章 三遊亭金馬
第九章 桂文字助
第十章 笑福亭松之助
特別編 その一 川柳川柳
特別編 その二 桂吉朝

年は、私より若いのに、声が渋いです。

帯は
「立派な御託の本である。
屁理屈ばかりの並みの落語本とはワケが違う。
――立川談春」

そして、このラインナップ、いかがでしょう。
興味がわきませんか?
私は、興味がわき、買ってしまいました。

読んで、面白かったところを報告します。


ほなな
posted by たにぃも at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

ノート2(開)読もうとしている落語本@広瀬和生

今回はこの方の本!

広瀬和生
(1960年、生まれ。)
「この落語家を聴け!  いま、観ておきたい噺家51人」
帯は談春さん。
「ようやく…同世代で落語家を評論できる人が登場してくれました。」
しかも、その人はヘビメタ雑誌の編集長。
私はまだまだおよびません。年齢は五つ下。
参考にさせてもらっています。


「この落語家に訊け!
 いま、噺家が語る新しい落語のかたち」
まえがきより――
 今回取り上げた九人に関して、「この人のインタビューがたっぷり読みたい」と思っていた落語ファンは多いに違いない。いや、少なくとも僕は読みたかった。これは、「毎日ナマの落語を観に行っている」落語ファンとしての僕が、「この落語家に訊け!」という自分自身のニーズに応えた本なのである。

春風亭 昇太
立川 志らく
柳家 花緑
柳家 喬太郎
柳亭 市馬
三遊亭 白鳥
立川 談笑
橘家 文左衛門
桃月庵 白酒

まだ、読めていません。


「この落語家をよろしく
 ――いま聴きたい噺家イラスト&ガイド2010」
(カット:勝田 文)

本書は’09年から、’10年にかけて連載されたものである。
著者本人が、行こうとしている落語会にかれめて、
落語家さんの紹介をしています。
だから、主なところは「この落語家を聴け!」とも重なりそうなので買うほどでもないかと思っていました。でも、
まんが「しゃべれども しゃべれども」を描いたひと
勝田文さんのカットが楽しい。
噺家さんへの愛を感じます。
このカットが無かったら、文章だけなら、この本を買ってなかったかもしれません。


ほなな
posted by たにぃも at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする