2018年10月08日

《映画》感想などの未更新@最近、劇場で

最近は、
落語よりも映画をよく観に行っている。
そして、邦画率が上がっている。

先日、10月7日は、
「散り椿」(邦画)を観た。
年齢層が高かった。

以下、ブログにアップをしていない
観た映画たちを羅列してみた。


2018-04
「ウィンストン・チャーチル
  -ヒトラーから世界を救った男-」
「スリー・ビルボード」
「グレイテスト・ショーマン」
「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」
「ペンタゴン・ペーパーズ −最高機密文書−」
「リメンバー・ミー」
 (「アナと雪の女王/家族の思い出」)
「レディー・プレイヤー1」

(4月って、こんなに観てたんや!)

2018-05
「ラプラスの魔女」(邦)

2018-06
「恋は雨上がりのように」(邦)
「羊と鋼の森」(邦)

2018-07
「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」
「パンク侍、斬られて候」(邦)
「万引き家族」(邦)
「未来のミライ」(邦)

2018-08
「劇場版 コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命–」(邦)

「カメラを止めるな」(邦)
 (パンフはもちろん、サントラ買った!)

「響 -HIBIKI-」(邦)
 (パンフ買い。平手ちゃんが出てる、
  映画系雑誌、買った!)

2018-09
「ペンギン・ハイウェイ」(邦)
 (パンフ買い。森見登美彦・原作本を買った。)

2018-10
「散り椿」(邦)


こうやって書き出すと、
改めて邦画を観に行っている割合の多さが分かる。

最近の邦画は、イイのがあるのよね、
面白いよね!


ほなな
posted by たにぃも at 22:01| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: