2018年09月25日

《チョイ出シ》ドゥ・ユ・ワナ・ダンス@MCZ

【ネタバレ無し】

PARCO Production
ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?

公演日程:2018年9月24日(月・休)〜
       〜2018年10月8日(月・祝)
上演時間:約2時間40分(休憩20分含む)予定
会 場:舞浜アンフィシアター
(千葉県浦安市舞浜の
  東京ディズニーリゾートにある多目的ホール)
(シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京)

 作:鈴木聡
演出:本広克行

出演:百田夏菜子 玉井詩織 高城れに 佐々木彩夏
   (ももいろクローバーZ)
  妃海風 シルビア・グラブ ほか

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「東京ドーム公演の発表」から4カ月・・・
(松崎しげるさん、サプライズ発表!)

「おじクロ」から6年・・・。
(ももクロ自身は、は出ていません!)
(脚本・演出が、鈴木聡さん)

「幕が上がる」から3年・・・。
(映画も舞台も)


ミュージカル「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」


私が行ったのは、公演の初日。

私は案外月曜日が行きやすいのだ。平日でも。
だけど、演劇って月曜は休演日になっていることが多い。
そういう意味で、
この公演はラッキーと言えばラッキーなのだが、
でも、休日だから応募は多い。

って ことで、何とか取れました。

ディズニーランドに(その関連施設にも)
行ったことない私が舞浜に降り立ちました!

あまり、情報は入れずに挑みました!
(あらすじもほとんど見ていない。
  なので、意味の分からないグッズがあった)

サイリウムは持たずに、服は“白”。

9月24日(月・振休)18時開演。
(開場は、17時。といっても、座席まで行けるのは、
 17時30分から)
会場は、舞浜アンフィシアター。
元シルク・ドゥ・ソレイユ専用の常設劇場だそうです。
(他にはない設備があるのです)

発券をして、座席をみると、後ろの方で、端っこ、と、少し残念な気もしたが、
座ってみると、舞台の真ん中が飛び出していて、
思ったより近い感じがする。そして傾斜もあり見やすそう。

開場してからは、物販へ並ぶ。
開演までは時間があるし、と思いながら
けっこう並んでいました。
(私は、パンフと“HEAVEN”Tシャツを買った)
座席の方へ行ける時間には何とか間に合った。
(パンフレットのみの方は、別の列があり、そちらは早い)
トイレもすましておかないとね。
(一応、間に休憩時間はあります)


観ていると、
ももクロ自身のストーリーともダブる部分があり、
そして「天使とジャンプ」や
「幕が上がる」を思い起こす部分もあり、
ももクロのライブの現場にいるような感じもしてくる。

てんこ盛り っちゃあ、てんこ盛り。

いやぁ、「おじクロ」をやった鈴木聡さんだけあって
ももクロへの愛を感じました。
「おじクロ」のお芝居では、
「いくぜっ!怪盗少女」1曲だけの使用。
そして、出てくるのはおじさん達でした。

「面白いぞ。痛々しいぞ。おまぬけすぎて泣けちゃうぞ。
 女子高生に負けるものか。ラッパ屋、全力でいきます!」

って、感じで、おじさん達が、キラキラ、ぜぇぜぇしていました。

今回は、ももクロ自身の楽曲です。
そして、もちろん本人達が、歌って踊る。
まだ、当時(2012年)は、
「AMARANTHUS」「白金の夜明け」も出ていなかった。
いまは、曲もいっぱいある中での選曲。

そして、妃海風さん、
シルビア・グラブさんを迎えて送る
ミュージカル!!

〜20時54分頃:終演


DYWD_001.jpg


もう一回、観たいなぁ・・・


ほなな


【劇団ラッパ屋 第39回公演】「おじクロ」
http://rappaya.jp/archive/39.html

《演劇》ラッパ屋「おじクロ」@紀伊国屋ホール
http://boss-tanymo.seesaa.net/article/302431719.html?1538050936

《感想》市井の全力オジサン達「おじクロ」@ラッパ屋
http://boss-tanymo.seesaa.net/article/302722417.html?1527134957
posted by たにぃも at 21:33| Comment(0) | MCZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: