2018年02月21日

《モロモロ》何気に、アクション女優@HAさん

先日、
「今夜、ロマンス劇場で」を観て
どんどん好きになっている
女優・綾瀬はるかさん。
この映画では、
古いモノクロ映画「お転婆姫と三獣士」から飛び出した
凛々しく、高飛車なお姫様・美雪を演じています。

おっとり、ほんわか系の干物女「ホタルノヒカリ」や
新米CA「ハッピーフライト」の役をやるかと思えば・・・。

普段のしゃべりは、どちらかと言えば、そっち系の
天才的な天然キャラ。
「ロマンス劇場」の出演者でのトークで、
鎖骨が美しい、ドレスのデコルテが美しくて見どころ!
何て話題に上がると、
「そういえば、小さいころお婆ちゃんとお風呂に入って
 鎖骨にどっちが水がたくさんたまるか、
 ってやってました」と、綾瀬はるかさん
しっかりと、関連した話題を出してくる。
しかも微笑ましい(笑)

・・・しかし、
ほんわか、おっとりしているのかと思うと、
実は、運動神経がいい。
(だからって、天然なのが演技なんて思いません)

「ICHI」(女座頭・市)を観て
なかなかやりおるな、って思っていたけど、最近は
「精霊の守り人」(短槍使いの用心棒)や
「奥さまは、取扱注意」(元・特殊工作員)。

逆手に持った刀を短槍にもちかえて、
「精霊の守り人」実は、まだちゃんと見ていない。
合成やワイヤーアクションでしょ?
って、声も上がるかもしれないけど、
メイキングとかで、生身の練習風景を見ていると、
身のこなしが“運動できる”って感じです。

しかも、凛々しい綾瀬はるかさん!

さらに、
「奥様は、取扱注意」では、刀や槍を持たず
生身の格闘。
壁に上り、壁伝いにヒョイヒョイ歩く。
(もちろん、ワイヤーで吊っています)
男たちともバトル!
殴る、蹴る、関節をきめる。
(※役を演じるに際し、カリ・シラット(東南アジア武術のカリとシラットの複合武術)を学んだようです)

原案・脚本:金城一紀
(「SP 警視庁警備部警護課第四係」「BORDER」
 「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」など)
で、西島秀俊が出ていたら、こうなるでしょっ!
って感じですが、
映画化はどうなっているのかな?
映画じゃなくて、
二時間スペシャルくらいでもいいけど。

そんな、綾瀬はるかさんが、
「今夜、ロマンス劇場で」の中の映画が、
「お転婆姫と三獣士」って、フル尺で観てみたい!
ちょこっと、長い槍を振り回していましたが、
「おぉーっ!」って、思ってしまった。

高飛車? お姫様だし!!
近寄る男たちから体をかわし、傘でペシっと一撃、
凛々しく「無礼者っ」。
(日傘や雨傘を持っているシーンが多い)
(美雪姫は、護身術とか習っていたのかな?
 お転婆だから、そんなに動けるのかな?)
下部の健司(坂口健太郎)も
ペシペシやられています。
これは、映画の中での“ある秘密”が
関係しているんだけどね。

そんな運動神経の良さは、「VS嵐」で、証明ずみ!
(映画「今夜、ロマンス劇場で」の宣伝で、
 綾瀬はるか、坂口健太郎、本田翼、
 石橋杏奈、中尾明慶、竹中直人で出演。
 竹中さんは、映画で何役でしょうか?
 「お転婆姫」の中に出ています)

これからも、隠れたアクション女優としても
活躍を楽しみにしてます!

ほなな
posted by たにぃも at 19:57| Comment(0) | TV・ドラマ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: