2017年09月05日

《感想》マモーのキモさ、ルパンの楽しさ増幅!@MX4D

ルパン三世 
ルパン vs 複製人間(クローン)(MX4D版)
(4Kリマスター&5.1chデジタルサウンド)


大画面で観るのはいつぶりだろうか?
何かの機会に「カリオストロの城」と二本立てでやっているときに観た記憶がある。

大画面で、ノーカットで観られるのは嬉しい。

但し書き・・・・・・・公式サイトより
  テレビでは時間の都合など様々な理由でカットされたり
  修正された部分も、今回はノーカットで上映!
 (※一般向け上映にするため、
   次元のあるセリフが一か所だけカットされています)
・・・・・・・
(次元と五右エ門の口喧嘩のところ
 「ヒステリックにわめくな(このキチガイ)」ですね)
 まあ、これくらいなら、ええとしょっ!


やっぱり「カリ城」より、
こっちの方が、MX4Dにはあってるよね。

コンボイとのカーチェイス、銃撃!!
シュッ  シュッ シュッ!
さらに、ヘリ、銃撃、飛行機で追われ、逃げる、銃撃!!
シュッ シュッ シュッ シュッ!!!

ルパンvs複製人間


あのルパン達が“夢”をみせられるシーンでは、
大画面プラスαで、
何とも言えない“浮遊感”を感じられる。

ラストのロケット発射のところでは、地響き、振動。
からの
“無音”での爆発!


メガネ使用者には、ミスと攻撃が困りもの(笑)

逆に、砂漠のシーンでは、
“熱風”が来ると、ジリジリする感じが出るのになぁ。

それにしても、
この「複製人間(クローン)」はある意味ホラーですよね。
普通のマモーも“不気味”ですが、
ガラス容器マモー、劣化版マモー、
燃え上がるマモー、
そして、肥大化したマモー・・・
大画面では、キモさが増幅します。

「ドライなスラップスティックコメディー」
映画のパロディ(「『映画を盗め』という裏テーマ」があったそうです。「コンボイ」「激突!」「2001年宇宙の旅」ぐらいの映画は、私にも分かりますが・・・あと、絵画もね)
大人向けのエロさとグロさ。
でありながら、ポップな感じ!
この、面長、手足がヒョロいキャラ好き。
(テレビでは、青木悠三さんの回)

あぁ〜、もう一回みたいなぁ。
(ボソッと。MX4Dでなくてもいいけど・・・)
やっぱり、年齢高めの方も多いよね。


ほなな



※ 私が観に行った日が、北の核実験の日(人工的な揺れ)って、何とも言えませんな・・・。
posted by たにぃも at 22:43| Comment(0) | ルパン三世 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: