2016年02月02日

《感想》SW/フォースの覚醒@感想の前置き

いまさらですが、
個人的な備忘録としての、おそらく、あまりにも普通な感想のようなものです。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
(エピソード7)
一度目は、2D字幕(大画面)で、
そして、
二度目は、3D吹替で、観ました。

全然、マニアではありません。
が、「二回も映画館で観ているじゃないか!」
って、言われそうでもありますが、
一回目を観たのが、年が明けてからです。

というのも、
「ep4」〜「ep6」の続きって
こともあるから、
「前のシリーズ(ep4〜6)を観ておきたいなぁ」
って、思ったけど、レンタルは難しいかなぁ?
って思ってたら、テレビでやることを知った。

日テレ“スター・ウォーズ祭り”
「ep4」が、吹き替えで
『金曜ロードSHOW!』12月18日(21時〜)に、
「ep5」&「ep6」が、深夜で字幕、
12月29日(前1:55〜6:00※月曜深夜)に合わせて放送。

(こっちは、特に観なくてもいいかと思ってたけど・・・)
「ep1」が、21時代に吹き替えで
『金曜ロードSHOW!』12月25日(21時〜)に、
「ep2」&「ep3」が、深夜で字幕、
12月31日(水曜深夜)、1月2日(金曜深夜)
も、観てから行くことにした。(なった?)


一応、
第一作目の「スター・ウォーズ」
(新たなる希望《エピソード4》)を
公開当時(1978年7月1日公開)に観ました。
(たぶん!?)

“SF”というだけでは、あまり好きなジャンルではない、、
“冒険活劇”は好き。
「スター・ウォーズ」は、“SF”というか
“SF風ファンタジー”という感じでもありますね。
まあ、そんな細かいことはいいか。

そんな感じで、一応、同時代に、映画館で観ていたと思います。
一作目の衝撃は、けっこうなものでしたけど、
3年、3年で、前の続きといいつつも、
前は、どんなだったけ? って感じもあったかな。
(ep5では、ハン・ソロが固められちゃって、終わった・・・)

また、何年か後に、通して観た時(特別篇)に、
全体としての世界観だったり、星ごとに特徴があったり、
をあらためて感じたり、
時代劇、神話ベースな感じとか、
ゴリゴリの“SF”ではない感じが好きでした。

「エピソード1」が公開される頃は、
ほとんど、興奮は無く、
でも、観るから、「4」〜「6」を観直しりしました。
「プリクエル(前日譚)」と言われているらしいが、
まあ、やっぱり
「アナキンは、どうしてダースベーダになったか?
 ダークサイドに堕ちたか?」は、
“見届けておきたい”という感じでしょうか。
そういう意味では、「ep3」は案外好きです。


という、長い前置き・・・


「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に、もどりると

一度目は、字幕で、大画面(2D)。
ちょっと、席が前過ぎたかな?

「A long time ago,in a galaxy far,far away....
 (遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・)」

♪ジャン♪♪

(うおーっ! 始まった!!・・・)

と、おなじみのオープニング!
(「ルーカスフィルム」って出るんや。
 「ディズニー」は、出ない?)何て思いながら・・・


つづく
posted by たにぃも at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック