2015年09月01日

《チョイ出シ》転校生&幕が上がる@富士ケ丘高校

舞台「転校生」の本質には関係ないので、
感想的なものと分けました。

「富士ケ丘高校」ネタというか、
「幕が上がる」との関係で、ちょっと!


まず、制服がおなじですね。
そして、切れ目でスクリーンに映るイメージ映像が、
映画「幕が上がる」の
「富士ケ丘高校」と書かれた“校門”が、使われています。
他にも“美術室”など何点か、使われていました。

劇中のセリフの中に、“グッチ(溝口先生)”、
“吉岡先生”というワードが出てくる。

エンディングは、
「青春賦」のオフボーカル・バージョン。

これは、共通点ではなく、相違点(ねじれ?)ですが、
映画「幕が上がる」では、男子の影は薄いものの、
教室のシーンでも、男女いる。
しかし、舞台「転校生」は、21人、1クラス(?)女子のみ。
女子高? それとも男子が少ない学校で、
女子だけのクラスがあるということでしょうか?
まあ、舞台「幕が上がる」も、
出演は演劇部のみなので、女性しか出ていないけどね。

ま、それはいいとして、
次は、
“富士ケ丘高校パラレルワールド”の唯一の住人?
三人目の“高田”(伊藤沙莉)。
映画「幕が上がる」の高田梨奈(高校2年生・赤のジャージ)、
舞台「幕が上がる」の高田梨奈(高校1年生・青のジャージ)、
姓名は同じだが、学年が違う、ジャージが違う。
そして、
舞台「転校生」の高田は“美幸”、ジャージの色は緑。
(ジャージ三色、赤、青、緑、コンプリート!)
パンフレットによれば“高田美幸”は“一人っ子”。
(なので、姉妹ではない)
劇中のセリフで、
「演劇部」「吉岡先生」と、しゃべってます。


次は、出演者。
伊藤沙莉さんは、何度となく出てきていますが、
「幕が上がる」の映画、舞台、そして、
舞台「転校生」にも出演。
本広さんに、気に入られているのかな?

映画「幕が上がる」に出演した人では、
川面千晶さん
卒業した先輩が出ていた、アゴラ劇場の演劇に出ていて、
吉岡先生に「先輩、こんなところで何してるんですか」と、
引っ張って行った劇団員役。
映画は、ちょっとしたシーンですが、なかなかのインパクト。
舞台「転校生」でも、けっこうインパクトがあります。
伊藤沙莉さんとのコンビで盛り上げるシーンもあります。

折舘早紀さん
中西さんの転校まえの学校の演劇部員。有安さんと演劇のシーンで共演。
まくら投げの黄色いTシャツ、赤縁メガネの娘。
当時、現役の青森中央高校演劇部員。「その前に。」では、インタビューもされています。
(高校卒業後は上京し、現在、こまばアゴラ演劇学校無隣館二期生として活動しているそうです)

舞台「幕が上がる」からは、
青年団の3人。
坂倉花奈さん(八木美咲/演劇部1年生)。
多賀麻美さん(松永美緒/演劇部2年生)。
藤松祥子さん(村上舞/演劇部2年生)。

そして、
どちらにも出ていませんが、
スターダストプロモーション所属
森郁月さん

他にも、気になる女優さんがいます。
21世紀に羽ばたく女優さんたちが終結しています。


ほなな
posted by たにぃも at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック