2015年06月05日

《落語》ピッカッピカ 東京かわら版@500号

日本で唯一の寄席演芸専門の情報誌。
『東京かわら版■平成27年6月号 500号記念特大号』

結構、大きな面積で、
金の箔押しを使っております。


東京かわら版 500号記念特大号

ピカ ピカ

ちょっと、角度を変えてみました。
東京かわら版 500号記念特別号 ピカピカ

名前も、ピカピカ

背まで、箔押し
東京かわらばん500号 背


表紙の紙切りも ピカピカ
東京かわら版500号 紙切り


表紙で、名前もピカピカな 春風亭小朝さんは、
巻頭インタビュー。

金髪ブ○野郎だから、金ピカ・・・?
ではなくて、弟子に“ぴっかり”がいるから?
でもなくて、もちろん500号記念だからですよね。

普段の寄席、演芸情報は、もちろん
500号までの歴史も詰まってます。
「“白髪になるまえ”の柳家喬太郎さん(1996年8月号掲載。」
「オーディオ機器にあふれる自宅にて取材を受ける柳家小三治(81年12月号<今月のインタビュー>)」
まだ、パラパラと見ただけなので、じっくり楽しいたいです。

そういえば、
小朝さんの落語、聴きに行ってないないなぁ。
調べたら、2010年5月。
その時の開口一番は、春風亭ぽっぽ(前座)。
現在は二つ目の春風亭ぴっかり☆さん。

何か、落語を聴くというか、プロデュースの人って感じが強い。

『苦悩する落語 二十一世紀へ向けての戦略』、
『いま、胎動する落語 苦悩する落語2』読みました。
「大銀座落語祭」は、
2007年、08年の二年参加できました。
「春風亭小朝奮闘公演」というのも行きました。
第一部は、加護亜依さんとの二人芝居。第二部は、独演会。

後は、9代目正蔵襲名、
2代目三平襲名(こちらは、襲名披露興行へ行きました)。

そんな感じで、プロデューサー感が強いです。


ほなな
ラベル:落語 情報誌 小朝
posted by たにぃも at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック