2015年04月13日

《感想》初「月刊TAKAHASHI」4月号@MCZ・LV

「月刊TAKAHASHI 4月号」の
ライブ・ビューイングに初めて行ってきました!

--「月刊TAKAHASHI」とは、------------
AE会員の方限定に開催される月に一度のライブ!
ももクノとはまた違う、ゴリゴリでガチガチな60分?をももクロが全国各地のライブハウスからお届けします。

毎月12日は「月刊TAKAHASHIの日」! これは全国のAE会員の特権です!!!!!
------------------------------------------
AEとは = ANGEL EYES
    ももいろクローバーZ の 公式ファンクラブ「ANGEL EYES」のこと
------------------------------------------

ということで、AE会員ではない私。
何とかライブ・ビューイングに参加することができました。
でも、パンフレット、他のグッズは会員証を提示しないと買えないので、パンフレットも買えませんでした。
基本、会員限定なので、ゴリゴリのモノノフばかりかと思ったら、
案外、普通の服装の人もいた。
チビちゃん連れている夫婦もいた。
私も仕事をしてから行ったので、ギガライトのみの装備でした。

でも、こういった、
ライブ・ハウスでのももクロのライブ、いいですね!
短時間にサクッと、シンプルで!!

私は、
2013年3月に、初めてももクロのライブ(LV)に行きました。
それ以来、ライブ・ビューイングが4回、現地参戦が2回。
現地は「ももクリ極寒の西武ドーム」と「夏のバカ騒ぎ2014〜桃神祭〜」
“寒い”の“暑い”の両極端!

そんなわけで、大きな会場のものしか行ったことが無くて、
去年のももクリ以来のライブ。
改めて「ももクロのライブってイイなぁ」って思いました。

時間が、60分といっても濃密で、
衣装チェンジもないけど、
ゲストが無くて、ほとんど5人が出づっぱり。

この日は、現地の機材トラブル(スピーカー?)で、
25分遅れで始まりました・・・。
(とはいっても、それまで、3曲やったんだけどね。
 LVでは(私だけ?)、音的には、分からなかったのですが、
 1曲目「Link Link」のあーりんの出だしが早かったり。
 2曲終わったところでMCに入って、
 そして、れにちゃんとあーりんが何か「コント」をやろうとしたり、
 初めての「月刊TAKAHASHI」なので、こんなものかと思っていたけど、
 現地の観客が歌いだしたり・・・
 あとから思えば、いろいろとあったみたい。)

ちょっと、得した25分遅れ!

ただ、「ライブ・ビューイングの時間が何時までなのか?」
って、頭をよぎりました。
上映時間が「17時00分 〜 〇〇時15分まで」、何時までだったかよく見ていなかった。
(実際は、「19時15分」でした。
 60分のライブといいつつも、2時間15分とってあるんやね。
 案外、とってあると思ったけど、実は終了が迫っていた・・・)


現地のZepp Sapporoの客席は、
スタンディングで、結構なぎゅうぎゅう詰め。

この日のももクロちゃん達5人の服装は、
月刊TAKAHASHのそれぞれの色のTシャツに、
水玉入りのダメージのジーパン。

私は、昨年以来なので
「夢の浮世に咲いてみな」も
「青春賦」「Link Link」も
もちろん「『Z』の誓い」も初ライブ。

久しぶりの「Z伝説 〜終わりなき革命〜」
そして、たぶん初の「気分はSuper Girl!」

そして、そして、自己紹介の流れから
有安さんが、突然
「自己紹介が切れないよー。ギコギコ、ギコギコ・・・」
ノコギリで木を切るカッコをし始めると
「ギコギコ バリバリ ドタンバタン シュッパシュッパ・・・」
と「KONOYUBi TOMALe」へ。
遂に所さんの曲が、ライブで!

完全な振り付けは出来ていないようで、
「ギコギコ バリバリ・・・」のところは、みんな一緒にノコギリスタイル。
そして、「こ・の・ゆ・び・と・ま・れ」のところで
百田さんが“指一本”を出して、4人がとまりに行く。
あとは、フリーって感じでした。

百田さん「私の自己紹介も切れてるよっ!」

アンコールが終わったのが、19時前。
25分遅れとしても、1時間30分!
(実質2時間)

そして、LV限定映像。
(Kマネは、反省会といっていたが?)
ステージの幕の中での映像で、現地の客席にも音声が聞こえているらしい。
(この日が特別なのかどうか分かりません)
玉井さんが、サービスで幕の外に出たり、
「『Z』の誓い」トレーラーの先出
 (ノートパソコンを客席に向かって見せているので、前の人しか見えない)
後ろの方は、パソコンが見えないから、
玉井さん再びで、
前の客席には目線を向けず
「後ろのお客さんだけ見ています。前は全然見ていません・・・」
というサービス。

高城は、途中のコントでもやっていた、
ももクロちゃん内で流行りの某青春恋愛映画の予告編、
その名は、面長かすむ(←ほぼ原形が無くなっています)。

さらに、最近できることを発見した
映画「幕が上がる」のCMでも使われている
吉岡先生(黒木華さん)の“悪夢の演出家”シーンの物まね
「そうじゃないでしょー! このチンチクリンがぁー!」
を披露!


時間が短い分、「何が出るかな?」感があって面白い!
好きな曲、聴きたかった曲が出ると嬉しい、楽しい!!
また、行きたいなぁ。


ほなな
posted by たにぃも at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | MCZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック