2015年04月10日

《MCZ》映画から演劇へ@「幕が上がる」

4月に入って、一週間が過ぎました。
映画「幕が上がる」の上映館が少なくなってきた。
東京では、4月10日(金)で、
上映が終わってしまうところが多い。
でも、まだ残っているので、
まだ映画を観ていないの方はお急ぎください!

私のこの3か月は、というと・・・

1月は、年明けから、何だかんだ落語へ行っていた。
初席・鈴本演芸場、二之席・末広亭、池袋演芸場、
お目当ては、小三治さん。
そして、PARCO劇場の志の輔らくご。

2月は、その反動もあり(?)、落語へは一度しか行っていない。
映画には、ちょこちょこ行きつつ、
映画「幕が上がる」準備段階。
前売りを買ったり、雑誌を買ったり、
テレビを録画したり、見たり・・・!

3月は(2月28日〜)、映画「幕が上がる」公開。
そして、「幕が上がる、その前に。」も公開
さらに、全国行脚・舞台挨拶LVと、ももクロ月間!
映画「幕が上がる」月間!!

映画関係のポッドキャストやブログをチェックしてみたり、
雑誌を買ったり、
ウィンナーやハム、ベーコンを買ったり、
何か、応募したり・・・。

うどん脳 ツルぐるみ 紫

大きい方が、
うどん脳(つるぐるみ 小 紫)、赤バージョンが映画に登場!
主人公のさおりが付けていたのは“赤”。私は“紫推し”で。
なかなか触り心地がいい!

饂飩脳 マフラーストラップ 紫

饂飩脳(根付け マフラーストラップ 紫)


4月の予定は、
今年初めて、ももクリ以来のももクロライブ。
「月刊TAKAHASHI 4月号」のライブビューイング!
「月刊・・・」も初めて!!

渋谷で桃月庵白酒(とうげつあん はくしゅ)さんの
落語会の予定もある。
最近、映画みたいモードで、結構、観に行っている。
観たい映画もいろいろあるんだけどね・・・。

最後に、もう一回
「幕が上がる」と「その前に。」を観ようかな。

映画「幕が上がる」
世間の評判は、イイ感じですね!
演劇をやっていた人にとっては、たまらないようです。

本広監督作品をボロクソに言っている“ある方”も
「本広監督作品としては、凄くいい・・・」と。
それでも、ご本人の他の作品と比べてという
“エクスキューズ付”ではありますが・・・(苦笑)

他にも批判的なものもありますが、
基本的には“本広演出”の嫌いなところを批判しているという感じ。

あとは、原作との比較で“生かせていない”という・・・。

「演劇シーンをもう少し見たかった!」
「演劇が上手くなってる感じをもっと見たかった。」
という声もありました。
私も、少し思いましたが、なかなか難しいんでしょうね。

私的には、“このて”の映画をとても好んで観ないので、
(“このて”というのは、アイドル映画、青春映画といういみで)
“生涯ベスト”とまではいきません。
それは、強烈なインパクトを与えられた
という感じではない、ということ。
でも、“スーッと入ってくる”“何度も観てみたい”映画だなぁって。


そして、5月に入ると、ついに、
舞台「幕が上がる」。
前売りを買ったおかげで、先行で買うことができました。

映画の前に、原作を読んでいたのだけど、
舞台版「幕が上がる」を観る、その前に、
もう一回、読もうかな。

舞台は、
原作者の平田オリザさんの脚本。
本広克行監督の舞台演出って、どうなんだろう?
舞台だから“カメラが動く”ことはないし(笑)

今のところ、演劇部員しかキャストの発表がないけど、
出演者は、これだけなんだろうか?

楽しみだ!


ほなな
posted by たにぃも at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | MCZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック