2015年01月07日

《感想》落語初め! 小三治、三三ほか@鈴本演芸場

年明け最初、落語“聴きはじめ”は、
ここ数年、鈴本演芸場からとなっている。

でも、2014年から小三治さんがトリではなくなった。
弟子の三三さんに変わった。
それでも、小三治さんが出るので、
やっぱり、ココからはじまることになるのですよ!

そして、前売りの指定席を買っていない。
(1日〜4日は前売りを発売している)
まあ、これは年末年始に実家へ帰っているので、その頃に行けないというのが主な理由ではありますが。

そんなわけで、
2015年1月5日(月)から、
上野、鈴音演芸場に、自由席の当日券を求めて並びました。

16時頃に鈴本演芸場の前に到着。
思ったほどの列ではなかった。
この年末年始の休みは、12月27日(土)〜1月4日(日)の9連休の人も多いらしいく、
1月5日の月曜日、仕事始め人は多いでしょう。
(この日は、最終的に“ほぼ満員”?、
 8、9割くらいで、立ち見は出ていませんでした)

17時頃から動き出して、チケットを買い、
座席は、は列(3列目)の16番(右ブロックの左端の通路側)。


平成27年正月初席
「吉例落語協会初顔見世公演」新春爆笑特別興行
【第三部】主任・柳家三三(五日目)

2015年01月05日(月) 17時20分開演!

前座の開口一番は無し、
紋之助さんの江戸曲独楽から、にぎやかに始まります。

馬の助さんは、小噺から「百面相」。百面相にはめったに出くわさない。
2008年以来、同じく馬の助さんでした。
続いて、漫才のロケット団。
お馴染みの漫才ですが、新しい時事ネタが盛り込まれています。
2014年は、いろんなキャラクターがいましたね!

扇辰さんの「お血脈」に続いて、
白酒さんの「喧嘩長屋」。これは、初めて!
夫婦喧嘩をとめに入った大家さんが怒り出して喧嘩になり、
それをとめに入った男が、、、
それをとめに入ったた通りすがりの宣教師が・・・。
「天狗裁き」の喧嘩バージョンのような噺。
(天狗はでません)

マギー隆司は、奇術。
そして、市馬が早めの登場で、縁起のいい噺「かつぎや」、
とはいうものの、あまり聴いたことがない「七福神」の部分。
やっぱり、明るくっていい!

花緑さんも登場!
身近にある落語のような噺。まわりで起こる可笑しなことを落語的にとらえてしまう。
もう、噺家脳になってしまっている。

落語の間の彩り、小菊ねえさん音曲。
仲入り前には、
権太楼さん「代書屋」。いつ聴いても可笑しい!

仲入り後は、
太神楽社中の壽獅子から!
これがあると、やっぱり正月気分マックス!

間に入って、“人間国宝”小三治さん。
マクラもそこそこに「小言念仏」。
やっぱり、顔見世興行となると、持ち時間があまり無いのが残念。

「小言念仏」そろそろ終わろうかという頃に、
ちょっとしたハプニング。
この噺では、木魚を叩く代わりに、扇子で床をたたきながら進んいく。
たたいている近くには、湯呑が蓋をした状態で置いてあった。
そう、床を叩いている扇子が、湯呑の蓋にあたり、蓋が落下!!
しかし、小三治さんは気にせず続け、
間もなく、無事に(?)終了したのでした。

ここで、喬太郎さん。
この日は出演の順番が変わっていたのですが、通常だと、喬太郎さんの後が市馬さん。
「人間国宝の前会長と現会長の間に挟まれて何おやれって言うんですか?!」って、ぼやいていたそうです。
噺は「夫婦に乾杯」。
おつまみ付カップ酒のネーミング会議。仲良し夫婦と中年夫婦の夫婦関係の違いが浮き彫りに・・・。
噺の内容は聴いたことがあるけど、喬太郎さん?
昇太さんで聴いたことがありました。

講談で琴調さん「堀部安兵衛 浅野内匠頭対面」。
そして、正楽さんの紙切り。
時間がおしていたのか、
鋏試しの「羽根突き娘」と「ヒツジの門松」で、終わり。

トリの三三さん。
高座に上がる姿は、いつもながらお爺ちゃんのよう(笑)。
座布団に座り、お辞儀が終わると
「ココにお茶がありますが、早いうちに飲んでおかないと、危ないですから・・・」と
師匠の小三治さんのハプニングをうけて笑いをとる。
噺は「粗忽の釘」。
引っ越しの場面は一切なく、終わって、
タバコを吸おうとしている亭主に、おかみさんが「箒をかける釘を打ってほしい」というところから始まる。
この話で、こんな始まり方で聴いたのは初めてだと思う。
はじめ、何の噺が始まったのか分からなかった。
そこから、瓦っ釘を打ち込んでしまって、隣に謝りに行くのだが、何だかいきなり本題にいった感じがしてしまった。
噺の中心は、隣の家での“奥さんの惚気”という印象。
その後には、小三治さんの「小言念仏」を受けて、
隣のおかみさん「仏壇の方で、何かガタガタいっていたようだよ」
隣の旦那「なにぃ、仏壇に何かあったら、爺さんが念仏唱えられねぇじゃねえかっ」(場内爆笑)
ってな、笑いも!

こういう流れって、寄席での楽しみでもあります。
初笑い、20時28分頃、無事終了!


ほなな
posted by たにぃも at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 小三治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック