2013年12月02日

《感想》ワキゲ・ボウボウ@謝罪の王様

“ワキゲ ボウボウ ジユウノ メガミ”!!
って、CMやってましたね。

ドラマ「あまちゃん」放送終了からの映画「謝罪の王様」公開。
この流れって、もともとそうだったんですかね。
でも、すごくいいタイミング!
まあ、それも「あまちゃん」の人気が出たからですが。

「あまちゃん」を楽しんで見ていた中には、
今まで、宮藤官九郎という名前を知らなかった人も多いでしょう。
脚本が誰かってところまで、気にしない人のほうが多いかな?

脚本:宮藤官九郎、監督:水田伸生、主演:阿部サダヲ
私は、前二作「舞妓Haaaan!!!」「なくもんか」も観ています。
「舞妓Haaaan!!!」は、なかなかテンション高かったですね!
堤真一さんも加わって、最後はどこへ向かうのか? って!
「なくもんか」は、竹内結子さんに、瑛太さんが出演。
三作の中では、普通の日常的なコメディといった感じでした。
キャッチコピーは「これは”泣ける喜劇”か”笑える悲劇”か!?」。

その三作目が、「謝罪の王様」
(「あまちゃん」どころか、「半沢直樹」もフリになっている!?)

しかし、監督の水田伸生さん、テレビドラマでは
『Woman』(ウーマン)の演出、『Mother』(マザー)もやってたんですね。あまりにも作風が違うのでビックリです。
(「池中玄太80キロ」第二期や、クドカン脚本では「ぼくの魔法使い」の演出もしている。明石家さんまさんの舞台「ワルシャワの鼻」「PRESS」他も)


長くなりましたが、映画について。
キャッチコピーは「謝るとき、人は誰でも主人公。」
職業「謝罪師」を生業とする男が、主人公。
ついには土下座を超える究極の謝罪「土下座の向こう側」を見つけ出す。

何とも、このストーリー、設定だけでも、バカバカしい。
今回は「相手を糾弾するのではなく、あざ笑う風刺劇が必要なのではないかと思ったんです」(監督談)

「東京謝罪センター」に持ち込まれる相談が、ケースごとにタイトルが出てくる。
CASE 1 倉持典子(井上真央)
「恐い人達に謝りたい!」
司法書士を目指す帰国子女が、車の運転中に軽い〜く、追突事故を起こしてしまう。“海外で、先に誤ったほうが負け”みたいな教育をされていて、しかも、相手が悪かった・・・。
後に「東京謝罪センター」で、アシスタントをすることに・・・。

CASE 2 沼田卓也(岡田将)
「セクハラを謝りたい!」
下着メーカーの中堅社員の沼田が、共同プロジェクトの担当者・宇部美咲(尾野真千子)にセクハラで訴えられる。この男が、何ともチャラい・・・。(「リーガルハイ」とは、違います)

CASE 3 南部哲郎(高橋克実)/壇乃はる香(松雪泰子)
「謝罪会見で誤ありたい!」
大物俳優・南部哲郎の息子が障害事件を起こした。謝罪会見を行うが、それが裏目に。そして元妻の大物女優・壇乃はる香を巻き込んで・・・。

CASE 4 箕輪正臣(竹野内豊)
「過去の過ちを謝りたい!」
超一流国際弁護士・箕輪正臣。沼田の訴訟の担当弁護士であり、典子の大学時代の講師。完璧なエリート弁護士の彼だが、離婚して離れ離れになった娘に今でも謝りたいことがある、と・・・。
(ここで、あの「ワキゲ ボウボウ ジユウノ メガミ」が出てくる。そして、この後のストーリーにいろいろと絡んでくる。重要なキーワード。)

CASE 5 和田耕作(荒川良々)
「国際問題を謝りたい!」
映画プロデューサー・和田耕作。自身のプロデュースする映画にマンタン王国・皇太子がエキストラとして出演していたことが発端となり、問題がどんどん大きくなり国際問題に・・・。
海外、この王国には、“土下座”も通じない。どうする黒島!!
最終的には、これをどう解決するかってことが、ストーリーの終盤。
ここには、「ワキゲ ボウボウ・・・」や大物俳優・南部もかかわってきて・・・。

CASE 6 黒島讓
「?????」
黒島が「うまい麺の言語道断」に入ったときの、ラーメン店・店員の船木(松本利夫/EXILE・MATSU)との小さなトラブル。これが大きな問題に発展する。
このエピソードは、黒島が「東京謝罪センター」を始めるきっかけとなる・・・。

こういった、別々と思われるエピソードが、後半に行くとどんどん絡み合う。
まさに、クドカン・ワールド、炸裂!!
ストーリー的には、マンタン王国とのトラブルが最後になるのですが、大臣や総理を巻き込んでの“謝罪”。

“ワキゲ ボウボウ ジユウノ メガミ”
そういうことなのか!

その後のエンドムービーが、にぎやかで、派手派手で、楽しい!!
阿部サダヲ、EXILE、VERBAL、E‐girlsによる
「ごめんなさいのKissing You」
どうせ、長くなるエンドロールも、
これだけ楽しげだと、見てしまいます。


ほなな
posted by たにぃも at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック