2013年09月30日

《ドラマ》それぞれの「潮騒のメモリー」他@あまちゃん

北三陸から出て行った人も、
東京で活躍する人も、フィナーレに向けて、
北三陸に全員集合!!


あまカフェ、逆回転!
“絶妙のバランス”(by太巻)の仕上がり。
アキを先頭に、さかなクン、太巻、鈴鹿ひろ美、
そして、北三陸のみんなで力を合せて。

そのあまカフェで行こなわれる
鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)のリサイタル。
やっぱり、これが最後の最大のクライマックス、って感じでしょうか。
ひろ美と春子(小泉今日子)の直接対決最終章!!
(二人のレッスンシーンも可笑しい!)
“落武者(影武者)”問題。少女・春子も成仏!

アキの部屋、というか春子の部屋で、
鈴鹿ひろ美と天野春子(薬師丸ひろ子と小泉今日子)の
80年代アイドルトークのシーン、何か不思議な感じ。


鈴鹿ひろみは、気にしていた歌詞の変更を、リサイタル直前まで試みる。
地元住民として、
意見を聞いた時の夏ばっぱの(宮本信子)答えもいい。
「歌っても歌わなくても、津波のことは忘れませんから、
 どうぞおかまいねぐ。」

そして
「三代前から マーメイド
 親譲りの マーメイド」となった。
「あの野郎、最初っから決めてたな!」と、私は、クドカンに対して思ってしまった。
今にして思えば、“三途の川”って・・・!

しかし、鈴鹿ひろ美は、ほんとうに歌が下手だったのか?
下手な演技をしていたのいか??

トリプル結婚(再婚?)
荒巻太一(太巻ずし)、鈴鹿ひろ美。
大向大吉、安倍小百合(あんべちゃん)。黒川正宗、天野春子。
夏ばっぱの謝辞
「天野家の 初代 マーメイドでがす」

ベンさん(塩見三省)、ミズタク(松田龍平)も
じぇじぇじぇ!
(琥珀も活躍。そして、恐竜の化石!)

潮騒のメモリーズ(Z?)のお座敷列車!!

そして、それぞれの持ち場へ。

アキ「いまは、ここまでだけど、来年は、こっから先までいけるんだ」
ユイ「行ってみよっか!」
アキ「じぇじぇ」
ユイ「行こう、アキちゃん」

それぞれの「潮騒のメモリー」・・・

アキ、ユイ、トンネルの向こう側へ
(果てしなく ラララ 貪欲 貪欲)

毎回オープニングで、アキ一人が走っていた防波堤を
アキとユイが二人で走り、灯台でのラスト。

「おしまい」


クランクアップ、そして最終週に入り、
民放解禁!?

9月23日(月・祝)
「笑っていいとも!」(フジテレビ系)テレフォンショッキング
ピエール瀧さん

9月24日(火)
「小泉今日子マツコYOUが、今夜あの場所で」(日本テレビ系)
小泉今日子さん

9月28日(土)26時15分〜(21日と二週連続で出演)
「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」(テレビ朝)
古田新太さん

9月30日(月)
「笑っていいとも!」テレフォンショッキング
大友良英さん。
「あまちゃん」前と後では、注目度の違いが凄いでしょうね。

さすがに、能年玲奈ちゃんは、NHK以外には、出ていませんね。
今後、どうなるでしょうね。


ほなな
posted by たにぃも at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ドラマ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック