2013年05月08日

《感想》GW権太楼噺・仲日@鈴本演芸場

ここ数年、好例になっています。
ゴールデンウィークの鈴本
権太楼噺 爆笑十夜

2010年 5/02 「不動坊」
2011年 5/10 「井戸の茶碗」
2011年 5/01 「らくだ」(サゲまで)
2012年 5/07 「船徳」

そして、今年、
2013年 5/5 「死神」を選びました。

CDでは、
小三治さんのを何度も聴いています。
そして、志の輔さん、権太楼さんも。

私が落語を聴きに行くようになって
(2008年〜)生では、
喬太郎さん、志らくサン、喜多八さん、歌武蔵さん
そして、鶴瓶さん(鶴瓶版)。


上野 鈴本演芸場(五月上席・夜の部)
ゴールデンウィーク特別興行
権太楼噺 爆笑十夜 〜「66」権太楼落語十夜〜

サブタイトルが付いています
「66」。
今年、66歳になったそうです。

2012年5月5日(日)、仲日
座席は、ち列6番

この興行は、前座は無し。
〈太神楽曲芸〉鏡味仙三郎社中でスタート!
そして、正朝さん。
正朝の「町内の若い衆」って、
何だか、権太楼さんに似ている気がするのは、
私だけ?

三三さんの代演で、白酒さん。
三三さんもいいですが、ラッキー!
「今日は、昼の部にも出ているのですが、夜の部まで時間があったので、
 袖から勉強させてもらってもいいんですが・・・」
(場内に笑いが・・・?)
私は、一瞬気がつかなかったけど、・・・「あぁ!」
「何が可笑しいのか分かりませんが・・・」と続ける白酒さん。
「浮世床(本、太閤記)」
本読みのグダグダ感が、イイですね。

早めの登場、〈紙切り〉正楽さん。
小手調べは「相合傘」
お題1「死神」。今日のトリの演目。
お題2「アベノミクス」
 正楽さんが、ニヤニヤしながら切っている・・・。
 安倍首相の横顔、ケーキを持っている。
 安倍首相、景気がいい。
お題3「長嶋」
 投手がゴジラ(人間じゃなくて)、バッターが長島さん。
お題4「高見盛」
 反っくり返って退場する高見盛の姿。
 勝ったときですね。

なかなかの何問たちでしたが、お見事!!!

歌之介さん。
大好きな長嶋さんの話題。あんな人はもう出ません。
あんな人は出ないと言えば談志さん。
で、漫談。円歌師匠ネタも。

仲トリは、
市馬さんの「ちりとてちん」

仲入り後は、漫才の遊平・かおりのお二人。
一朝さん「牛ほめ」
今日は、柳家が出ていないなぁ。

〈ギター漫談〉ペペ桜井さん
いつも同じネタだけど・・・
「私の場合、だまって、ギターが弾けないんです・・・」
何とも、ジワジワと可笑しいんです。

権太楼噺 爆笑十夜。
今年は「死神」。

「だーれぇ」女将さんの声が・・・。
呪文は
「アジャラカモクレン キュウライス
 アサダ二世は、手を抜いた テケレッツノパー」
会場は、大爆笑!
「アサダ二世」で、ここまで受けるなんて、
普段から寄席に行っている人が多いの?
(CDでも、このバーションが収められています)

サゲ近くは、鳴り物が入ります。
生演奏ではなかったようですが、怪談のBGM。
サゲは、シンプル。
最後は、権太楼さんの凄みのある怪談噺という印象でした。

終演は、20時48分頃。


ほなな
posted by たにぃも at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック