2013年01月20日

《小三治》2013・二之席(全演目)@池袋&末広亭

2013年 正月二之席
1月11日〜20日

【池袋演芸場 昼の部】
11日 「二人旅」
 (休演) 花緑「笠碁」
13日 「転宅」
14日 「お茶汲み」 (私も観覧)
 (休演) 市馬「二番煎じ」
16日 「宿屋の富」
 (休演) 市馬「味噌蔵」
18日 「初天神」
19日 「金明竹」
20日 「野ざらし」

【末広亭 夜の部】
11日 「千早ふる」
 (休演)
13日 「転宅」 (私も観覧)
14日 「初天神」
 (休演)
16日 「宿屋の富」
 (休演)
18日 「蒟蒻問答」
19日 「一眼国」
20日 「お茶汲み」


※ネット上にある情報を拾っているので、
 間違えがある可能性があります。
posted by たにぃも at 21:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 小三治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは☆
毎回全日程のお調べ、お疲れサマでございます。
見ていて楽しいです。
二之席ともなると、ちょっと長めの噺演ってるんですね。
昼夜で同じ噺の時もあったり…追っかけてる人は“え〜っ”て思うかもしれませんね。
私は結局、二之席の小三治師匠は行きませんでした。
次は月末の相模大野(ちょっと面倒…)、そして来月の練馬に行きます☆
Posted by いちこ at 2013年01月20日 13:08
≫いちこサマ

お疲れでもないですが(笑)、ただのモノ好きです。
個人的興味でやり始めたら、ちょっとおもしろいなぁと思って。
かけもちを並べると、また、面白いですね。

「昼の部で「蒟蒻問答」55分。
 前座は、出れるのか?」
なんて、ツイートがありました。

2012年から「甲府い」が、けっこうかかっていましたが、今年やっと聴けました!
他の噺家さんでも、あまり聴かないですよね。

そして「お茶汲み」もけっこう、レアな感じ。

追っかけで、一日に、二回同じ噺を聴くというのも、
レアな体験だと思います(笑)
Posted by たにぃも at 2013年01月20日 14:31
こんにちは☆
私は米團治サンで、昼夜同じ噺だったことあります。
昼は彩の国さいたま劇場、夜は新文芸坐。
「くっしゃみ講釈」が続きました。
この噺はかなりの熱演になりますし、好きな噺だからいいですが、嫌いな噺だったら、がっかり感ハンパないですよねぇ…。
Posted by いちこ at 2013年02月03日 16:34
≫いちこサマ

私は、一日に同じ噺家さんを聴いたこと自体が無いような気がします。

場所が違って、前後の噺家さんが違って、お客さんが違って、同じ日に、同じ噺ってのも、不思議な体験ですね。

“上方”から来て、やる方も、まとめてやって、
それを聴くファンもまとめて聴きに行く、
って、ことになったわけですね!

米團治サン、東京のファンを舐めてますね!
というか、ただ“天然”なだけでしょうか?(笑)

実際、どっちも来ている人ってどれくらいいるんでしょうね?
Posted by たにぃも at 2013年02月05日 21:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック