2013年01月15日

《チョイ出シ》二之席夜・小三治(3日目)@末広亭

2013年01月13日(日)
午後からの用事を済ませて、
新宿へ。

おつまみと飲み物を買って、
昼の部が終わっていない、新宿・末廣亭。
4時過ぎに木戸をくぐった。

入るとすぐにの所から、人が立っている。
お姉さんに、
右、桟敷の後ろの立ち見に案内をされる。
すでに、二列になっている。
やや、前の方。
(このまま、前の桟敷に座れるといいかなぁ)

桂文楽さんが、高座に上がっている。
続いて、小円歌さんの代演で、ぺぺ桜井さんが上がる。
(いつも、同じ内容だなぁ。でも、何か可笑しい)

そして、昼のトリ、円歌さん。
天皇陛下の前で落語をした話、そして、中沢家の人々。
こちらも、
私が聴く時(正月くらいですが)は、ほぼ同じ。
でも、いつ聴いても可笑しい。

両サイドに、後ろに、ほぼびっしりと立ち見。
昼の部が終わる。

やっぱり、昼の部で帰る人はそれなりにいて
立っていたすぐ前の桟敷席を確保。

サイドの立ち見から、椅子席をとりに行くのはちょっと難しいかな?
でも、私はもともと桟敷席が好き。
末廣亭の椅子席は、足が楽だけど、前後の傾斜がないから、けっこう前の席の人の頭が邪魔になるんです。
そして、横が狭い。

昼夜入替えなし。
これは、寒空に並ばなくてもいいけど、席の確保が、
慣れないと、図々しくいかないと?、難しいかな?
早く行けば空いているというものでもないし、
昼の部の初めから入れば、確実に確保は出来るでしょうが・・・。


平成二十五年 寿・正月二之席 夜の部
主任・柳家小三治

開演時間には、数人立ち見の人がいました。

三之助さん、扇遊さん。
喬太郎さんの新作もあり、
雲助さん、権太楼さん。
金馬さんの「ちりとてちん」は初。
表情は、見ものでした。

仲入り後は、太神楽社中。
寿獅子が、正月って感じ。
まだ、正月気分。

小袁路さん、一朝さん、さん喬さん。
やっぱり、
顔見世興行だけあって豪華メンバー。
紙切りの正楽さん。
年男なので「何か切って欲しい」と思いつつも、ちょっと遠いかぁ・・・。

待ってました!
柳家小三治さん!!
「今日は、少し温かいかと思ったら、夜になると、やっぱり寒いですねぇ」
(確かに、パソコンの気温表示でも、前日は4度とかだったのが、この日は12度とかだったし、私も温かいと感じていた)
そして、志ん朝さんと行ったモスクワ、キラキラの共産主義の時代。
何故その話をしたかというと
「寒かった!」ということが言いたかった・・・(笑)。
さらに、喉の調子が悪いという話。
“何が、どう”というのではないけど、喉で喋ってしまう。
と、発声について。
そして、泥棒、石川五右衛門のマクラからの
「転宅」!!

権太楼さんが「町内の若い衆」、さん喬さんが「徳ちゃん」
小三治さんが「甲府い」だったら、鈴本と同じじゃん!
何て思ったりしましたが、ならなくてよかった!


ほなな
posted by たにぃも at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 小三治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック