2012年12月13日

《CD》あれから1年「SWAのCD・FINAL」発売!

あれから、一年かぁ・・・

「SWAのCD FINAL
 ブレンドストーリー  ― クリスマスの夜に ―」
(2DISCS)

が、発売になりました。
そして、買いました。

2011年12月4日
下北沢本多劇場 収録

私も、
現場にいました。
(ちょっと、自慢!)

デザインは、赤と緑のクリスマスカラー。
(当日のオープニング・トークでも、
 赤と緑のユニフォームを互い違いに来て登場した四人。

そして、SWAのベルト。


帯には・・・

8年間本当にありがとうございました!!
SWAがファイナル公演で見せた渾身のブレンドストーリー。
大きな感動と今までの感謝がつまったラストCDです!!

【必見!!】
ブックレットにはメンバーからのラストメッセージを掲載!!

クリスマスイブの夜、
坂口家三姉妹が巻き込まれる出来事とは?
新作落語の名手たちがクリスマスを舞台に贈る
最後のブレンドストーリー。

Disc 1
1.「青畳の女」 林家彦いち 24:59
2.「想い出芝居」 柳家喬太郎 35:26

Disc 2
1.「砂漠のバー止まり木」 三遊亭白鳥 33:33
2.「パパは黒人」 春風亭昇太 18:31
3.エンディングトーク 5:12

ライナーノーツには

彦いちサンは
「御挨拶にかえて」という題で
「創作落語戦隊SWAレンジャー」の歌詞が書かれています。
1号、2号、6号、4号・・・
「5号ぉ! 3号どこ行ったぁ!」
“彦いち必殺 ざぶとん巴投げの雄姿”の写真入り

喬太郎さんの「いまの事」は、
「もう、済んだことである。SWAは終わった。」
と、はじまり、
「だからこそ、僕は一度、SWAを忘れよう。」
と、終わる。
“ビルの隙間で新しい上下が誕生”の写真入り。

白鳥さんの「過ぎ去りしSWA」は、
とても普通に想い出を書いている。何かちょっと、こっちが照れてしまう・・・。
写真もあり。

昇太さん「あの日の写真」は、
全体的な思い出、8年間の感想が書かれている。
“黒人(ざぶとん)を投げ飛ばす仕草(!?)”の写真と
SWAファイナルの終演後の打ち上げの
携帯で撮った小さな写真が載っている。

ジャケットの中面は、(左から)
彦いちサン(緑の着物)、片膝を立てて、敬礼。
白鳥さん(赤の着物)、正座をして右手を高く上げて手を振っている。
昇太さん(緑の着物)、片膝を立てて、両手は腰に当て胸を張る。
橋太郎さん(赤の着物)、片膝を立てつつも、ちょっと前かがみ。
四人の真ん中には、SWAベルト。

ライナーノーツの裏表紙には、小さく
よみうりホールでの写真。

まだ、見ることが出来るかなSWAのブログ
「SWA! すわぁ!」
http://blog.livedoor.jp/shinsaku12346/

ちょっと、映像がないのが残念、DVDの方がよかったなぁ。
仕草? アクション?
見ていない人にとっては、音だけでは分かりにくいところが、それぞれにある。
彦いちサンの巴投げ、
喬太郎さんの新しい上下(かみしも)
昇太さんも座布団と格闘!
白鳥さんは・・・。


ほなな


《番組》SWAファイナル「新ブレンドストーリー」@本多劇場
http://boss-tanymo.seesaa.net/article/238692253.html?1355195981

《想い出》SWA Final「新BS」@本多劇場・千秋楽
http://boss-tanymo.seesaa.net/article/238783173.html?1355196143
posted by たにぃも at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック