2012年02月22日

《うめ吉》お目当ては、俗曲師・檜山うめ吉

2012年02月20日(月)

ちょっと、ギリギリになり過ぎて、
中に入ると、出番の前の
瀧川鯉昇さんの出囃子が始まっていた。

慌てて、一番前の左から2、3番目。
正面では無くて「横から見ると言うのもあり?」何て思いつつ座る。

もう一人のお目当て出会った鯉昇さん。
「鰻屋」中程まで。
鯉昇さんは、寄席で聴くのは初めて。
今度は、トリの時に来たいなぁ。


そして、トリ前(膝変わり)。
檜山うめ吉さん、登場。桃色一色!

色は、桃色一色だけど織り柄がある。(しかし、何の文様か分らなかった)


「木更津甚句」

「品川甚句」

都々逸(三階節入り)など

小唄(曲名不明)

寄席踊り(曲名不明)


池袋演芸場は、マイクを使わない。
よって、三味線は生の音、唄も生声なのです。
(左端だと、ちょっと太鼓の音が聞こえすぎるかも)

うめ吉さんの横顔を見つめながら、
ウィスパーボイスな唄声と三味線の音を聴いていました。


今後の予定は
【池袋演芸場】 3月上席(前半)夜の部にも出演予定!
仲とり・昔昔亭桃太郎。
仲入り後、三遊亭遊雀、桂歌春、檜山うめ吉、そしてトリ・三遊亭圓馬。

【お江戸広小路亭】 3月中席(前半)昼の部
ひざ前・瀧川鯉昇、ひざ変り・檜山うめ吉、トリ・桂小文治

【新宿末広亭】 3月下席(後半)昼の部
檜山うめ吉(13時半14時の間)。他、瀧川鯉昇、桂平治、桂歌春、桂米丸。


ほなな
posted by たにぃも at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | うめ吉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック