2012年01月18日

《感想》CS「ルパン三世VS.名探偵コナン」

CSで放送中の『ルパン三世』
旧とパート3もほぼ一通りの放送が終わる。
TVスペシャル、OVAも放送中で、どっちでもよかったのだけど、一応とっていたりして・・・。


『ルパン三世VS.名探偵コナン』を見た。
(2009年3月放送)

何だか、老いを感じて悲しくなった。
銭形のとっつぁんの声に力がない、不二子ちゃんがおばさんだ、次元、五右ェ門・・・。
『名探偵コナン』チームとのコントラストが、強調で余計に強調されるのかな? コナンも長いけど・・。

内容は、お祭りとしては面白かったんじゃないでしょうか。
CM前と終わりのアイキャッチが、それぞれのが使われていたり、音楽もそれぞれのが使われているというのもビックリ!
どっちも、懐かしの音楽を作曲した、二人の大野さん。

音楽:
大野雄二
(『大追跡』『最も危険な遊戯』『人間の証明』『パパと呼ばないで』『ルパン三世』など)
大野克夫
(スパイダース、『太陽にほえろ』『寺内貫太郎一家』『勝手にしやがれ』『名探偵コナン』など)

 はっきり言って、『名探偵コナン』をほとんど見たことがないだけどね。
それでも、コナンと絡むルパンだから、『カリ城』チックなシーンもあり(というかパロディーっぽかったりもした)、優しいルパン三世、“泥棒さん”でした。
それに、次元先生? 不二峰子? 五右ェ門の出番は少なくて、まあ、何か「楽しかった」って感じです。

よみうりテレビと日本テレビと言えば・・・
「パート3」はよみうりテレビなんですよね。だから、お馴染みのテーマ曲が使えなかった。作曲家は同じ大野雄二さんなのに、大人の事情ってやつですか?

ルパンの変装した毛利小五郎のルパン三世風な神谷明さん、何か楽しそう。
ってか、複雑に入り組んで、楽しい!!


以下:ウィキペディアよいり、抜粋
『ルパン三世VS名探偵コナン』は、日本テレビ開局55周年と読売テレビ開局50周年の開局記念スペシャル番組で、『ルパン三世』(モンキー・パンチ原作)と『名探偵コナン』(青山剛昌原作)とのクロスオーバー作品である。

「原作漫画の出版社と原作者が異なる作品のコラボレーションによるアニメは史上初」と、公式サイトなどでは謳われている。

BGMについても、双方のものを使用している。オープニングテーマとエンディングテーマは『ルパン三世のテーマ』であったほか、『名探偵コナン メイン・テーマ』も、コナン初登場時やカーチェイス、クライマックスなどのシーンで使用された。

日テレプラス
http://www.nitteleplus.com/program/anime/index.html
金曜ロードショー
http://www.ntv.co.jp/lupin-conan/


ほなな
posted by たにぃも at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ルパン三世 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック