2011年12月25日

《感想》ヤッパリ「年そば」鯉昇@今どき落語

先日、放送の『今どき落語』
(BSジャパン 毎週木曜日10時30分から)
瀧川鯉昇さんの「時そば」、やっぱり、普通じゃなかった!

マクラはいつも通り独特で、可笑しな噺が淡々と続く。


そして「時そば」なんですが、"時"を聞かない。

割ってあって、
ネギがついて、
しかも、そんなに新しくない。
反り返って、
湿っている割り箸にはじまり・・・

「丼のふちが欠けてるよ。回せばいいか。こっちも欠けてるよぉ。まんべんなく欠けてるねぇ、のこぎりかい?」

そばの汁を飲むと倒れそうになって、後ろ向きになって、後ろの塀に寄りかかる。
「このそば屋は、後ろの塀とセットだね」
爪を立てた跡やそば屋が味見したときの手の型も残っている。

「太いそばだね」
「今日は、包丁が無いから切ってません」
「二本しか入ってないよ」

「薄い麩だね。丼のガラかと思った。向こうが透けて見えるよ。包丁が無いから、鉋で削りました?」

そして
「温かいものを食べて寒気がしたのは、初めてだぁ!」


サゲは
"今どき"は「いま何刻だい?」と言われても、朝なのか昼なのか夜なのかわからない、って事でしょう?
刻の変わりに、そば屋の子どもの歳を聞く。

鯉昇さんは、他にも「粗忽の釘」で、"ホウキ"の代わりに"エキスパンダー"をかけるバージョンもある。
でも、"エキスパンダー"って、今どきの人は分かるの?

まあ、サゲよりも、全編可笑しい「時そば」、いえ「年そば」でしょうか。
顔を見るとちょっと鬼瓦のようだけど、この表情が可笑しいんです。

どこかで、出会えるといいですね。


次回は、1月5日放送
桃月庵白酒さん「壺算」。コチラもおすすめ!!


ほなな
posted by たにぃも at 12:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは☆
すみません、今更ながらで…。

鯉昇サンだけ見逃してしまい、2日後に落語会で「時そば」だったので安心したのですが、たにぃもサンのブログを見てびっくり!!
サゲが違ってたんです。(後ろの塀とセットとかは同じでした)

私が聞いたのは、勘定の途中、8まで数えて蕎麦屋に好きな甘味を聞く。
“ココナッツ”
…場内爆笑でした。

何パターンもあるって事なんですかね♪

Posted by いちこ at 2012年02月13日 17:43
≫いちこサマ

「時そば」で、“ココナッツ”。
これは、成功の方ですよね。

とすると、真似をした失敗の方は?
“八橋”? “みつまめ”?

私は、ノーマルと“子供の年”を聴くものしか知りませんでした。

他の噺では
「粗忽の釘」エキスパンダー・バージョン
「蒟蒻問答」の餃子版
です。
Posted by たにぃも at 2012年02月14日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック