2011年12月15日

《想い出》私の目撃した“SWA”ぜんぶ

2008年

SWAクリエイティブツアー
ブレンドしトーリー3
10月27日(月)・初日/宿明治安田生命ホール
総合タイトル「願 い」
(柳家喬太郎「プロローグ」)
林家彦いち「掛け声指南」
三遊亭白鳥「奥山病院奇譚」
春風亭昇太「空に願いを」
柳家喬太郎「カラダの幇間」
(仲入り休憩なし)

SWAに初参加。
こんな落語会があるのかと、感動、感激。
落語の可能性を感じた!


2010年

【番外編】
柳家花緑独演会 花緑ごのみ vol.27
09月20日(月・祝)/紀伊国屋ホール
SWAブレンドストーリー『明日の朝焼け』
「たかし」という男の子の11才から還暦までの物語
出演:柳家 花緑 作:SWA
「恋するヘビ女」(三遊亭白鳥)
「夫婦に乾杯」(春風亭昇太)
  〜 仲入り 〜
「臼親父」(林家彦いち)
「明日に架ける橋」(柳家喬太郎)

これは、演者がSWAではないが、新作の古典化への挑戦の広がり。
誰がやっても面白い新作への道に、花緑さんが外から応援。


SWAと昇太の「あのネタ」
SWAクリエイティブツアー
古典アフター(この噺があんなふうに…)
10月18日(月)・初日/本多劇場
(「SWA落語研究会」春風亭昇太、柳家喬太郎)
三遊亭白鳥「かわうそ島の花嫁さん」
柳家喬太郎「本当は怖い松竹梅」
 仲入り
(「SWA落語研究会2」春風亭昇太、柳家喬太郎)
林家彦いち「厩大火事」
春風亭昇太「本当は怖い愛宕山」

古典のその後(一人だけ、ちょっと違いますが)。
新作の古典への挑戦。古典の素晴らしさ、古典からの広がり。
面白い挑戦ですね。


2011年

春風亭昇太プロデュース 下北沢演芸祭2011
「SWAクリエイティブツアー」
2011年02月13日(日)・千秋楽/下北沢・本多劇場
(今回のテーマ。シャッフル&リニューアル)
柳家喬太郎「東海道のらくだ」
(昇太:作)
春風亭昇太「鬼背」
(作:夢枕獏「鬼背参り」、演:喬太郎)
〜仲入り〜
三遊亭白鳥「灼熱雪国商店街」
(SWA:作 三題噺「凍てついた灼熱」 演:喬太郎)
林家彦いち「二月下旬」
(喬太郎:作)
(エンドトークで、重大発表。年内いっぱいでSWAの活動を休止)

SWA内でのシャッフル。
演じる人によって、また違った感じになる新作落語。
これを繰り返すことで、普遍化、古典化への道が始まる・・・。

そして

SWA FINAL
「SWAファイナル書き下ろし」
11月28日(月)《初日》/本多劇場

初めての書下ろし、ネタ下ろしへの参加。
試行錯誤の途中、これから完成へ近づく始まりの瞬間。
観客としては、マニアックな楽しみかもしれない?


SWA FINAL
「新ブレンドストーリー」
12月4日(日)《千秋楽》/本多劇場

やっぱり、ブレンドストーリーは好きだな。
つながりによる、広がりが面白い。
カーテンコール、2回。こんな盛り上がりの落語会はもう無いのかも・・・。


【おまけ】
私は行けませんでしたが、演目だけ紹介。
行った方のブログを見ると、本当にお祭り騒ぎで、楽しそう!

SWA CREATIVE TOUR
First Last
SWAクリエイティブツアー
12月5日(月)/よみうりホール
開演前:6号デラックスナイト:柳家喬太郎
(ブルーライトヨコハマの替歌で芝浜、東京ホテトル音頭、大江戸ホテトル小唄)
オープニングトーク:SWA一同
バーベル亭アゲマル「バーベル芝浜」
金田一耕助太郎「悪魔の寝床唄」
三遊亭白鳥「真夜中の解散式」
柳家喬太郎「ハンバーグの作り方」
林家彦いち「掛け声指南」
春風亭昇「空に願いを」
エンディングトーク〜カーテンコール
(客席をバックに記念撮影)

関連サイト

三遊亭白鳥さんHP
http://niigata89.web.infoseek.co.jp/
https://twitter.com/#!/sanyuteihakutyo

彦いち落語組み手
https://twitter.com/#!/hikoichikumite

SWA!すわっ! ブログ
http://blog.livedoor.jp/shinsaku12346/


いつの日か、また集まる日を待ってます!


ほなな
posted by たにぃも at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック