2011年12月03日

NEW『ルパン三世』血の刻印〜永遠のmermaid〜

『ルパン三世』血の刻印〜永遠のmermaid〜
12月3日(金)放送。

遂に、新声優のルパン三世が放送されました。
最近のルパンは、ちょっと、どうも・・・。と思いつつもちょっと楽しみでした。

録画していたので・・・
「どんな感じかな」とちょっとだけチェックしようかと思ったら、何だかんだと、前半を見てしまい、
「ここまできたら、全部見てしまえっ!!」っと、一気に見てしまいました。
勢いというか、前半けっこう飽きずに見せてくれたので、途中でやめるのは惜しかった。
そうはいっても、
正座して、画面にかじり付いて、がっつり見たわけではなく、ながらですけどね。

ネットでも賛否両論?
私は、トータル的には、面白かった。

でも、とりあえず、気になる所も・・・。

まずは、新キャスト、声優さんについて。

●ルパン三世@栗田貫一
 もう、今となっては、言うことは無いですね。
●次元大介@小林清志
 他のキャストが若返ったので、年齢的な差が気になります。画面に次元が映っていない時、おじいちゃんって感じも・・・。
●石川五ェ門@浪川大輔
 そんなに登場シーンも多くなく、セリフも少ないので・・・。気になりませんでした。
●峰不二子@沢城みゆき
 ちょっと、甘ったるい感じがする。もっとクールな面も出ると嬉しいかも。今回で言えば作画の個性が薄いので、これくらいの声でもいいのかな?
●銭形警部@山寺宏一
 今の銭形警部は、これって感じ。全く問題なし、違和感なし。

そして、絵柄、作画、キャラについて。
キャラが薄いくて、大塚さん風でも無くて、ジブリ風。
ルパンに弟子入りしたい少女・麻紀と、お姉さんと慕う謎の力を持つ少女・美沙。
普通の日常生活を描きそうなアニメのキャラ。
ルパンたちファミリーも薄口。
不二子なんて、単独で見ると誰かわからない(そう考えると、不二子の特徴って何なんだ?)

ゲストキャラの氷室も見かけは普通っぽい。実は非常な感じはよかったね。
これも、ジブリっぽい? 宮崎駿さん好み?

ストーリーは・・・
前半は、最初にも書いたと通り、見てしまいました。つかみはOKって感じ。
ルパンに弟子入りしたい少女。何かそんなのあったような気もしますが・・・。
お台場フジテレビが出てきたり、舞台は日本。
(TVシリーズパート2の最終回、演出・照樹務でも、東京でした。ルパンファミリー日本縦断泥棒ツアーってのも、いいかも。サザエさんかっ!)

しかし、不思議な力を持つ少女・美沙。二つのお宝。・・・。
「インディー・ジョーンズ」かと思いきや、「もののけ姫」な展開は、如何なものか?
(やはり、テレコムどころか、まったくのジブリかよっ!)

そして、ルパン三世のお爺ちゃん“ルパン一世”の思い出も絡んでくる。
この辺がテレビシリーズ等で出てくる“お爺ちゃんのお宝を取り返す”的な感じではなく、
んー何と言いますか、
ウェットな感じ、そして“何故、泥棒をやっいるのか?”といった問いかけ。
“人は何故生きているの”とでも言いたげな。

OVA『GREEN vs RED』は、もっと混沌としてる感じだけど、『ルパン三世』の存在価値を探るような感じの味付けは必要なのでしょうか?
現代社会では・・・。
二時間ものを作ろうとすると、そんなことを考えてしまうのか?

押井守の「世界中に盗むものが無くなったルパン・・・」みたいな世界をやりたくなるのかね?

「ルパン三世」に、何を求めるか?
「ルパン三世」は、“何を盗む”のか?

これは、ファンそれぞれあるでしょう。
何でもアリだから、イザ作るとなると難しい。

私は、「『ルパン三世』の何でもアリなところが好きなので、いろいろチャレンジして欲しい!!」と望んでいます。
一作、一作似通ったものにしないで欲しい。

そういう意味で、ジブリなルパンは、そのひとつとして、面白かったと思う。


世界を股にか無くてもいいかもね。旧ルパンは、ほとんど日本。見たことがある風景でルパンたちの活躍を見るのも楽しいね。
あと、テレビでは難しいのかな? 映画のパロディを盛り込むのも楽しいと思う。

あと、今後のリクエストとしては、
二時間ものなら、旧ルパンの初期のような“大人のルパン”。オンナ・コドモは見なくていいと、開き直った作品。

もうひとつ
“ブロードウェイ・シリーズ”の様なストーリーが無い、何の意味があるのかというような、ハチャメチャなやつ、スラップスティックなルパン三世が見たい!!!

そして、最後に30分完結テレビシリーズ! 1クールでいいからぁ。熱望ォ!!!!!


ほなな
posted by たにぃも at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ルパン三世 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック