2011年11月23日

ついにその時が…@落語家・立川談志さん死去

もっと、早くに
落語の魅力に気づいていれば・・・

それでも、
生身の家元を見ることができた
それでも
肉声の噺を聴けた

それだけでも

イイのかもしれない。


同時代に、同じ日本に生きていながら
聴くことができなかった、人もいる。


多くの音声が残っている。
多くの映像が残っている。が・・・

それよりも
素晴らしいお弟子さんを残してくれた。

しかも、直弟子だけではなく、影響を受けた人が多くいる。

落語家・談志の生きざまを見せてくれた。
私の様など素人にでも。


ほな
posted by たにぃも at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは☆
最近、やっと落ち着いてきたので、こちらにきました。

全盛期は見逃してしまいましたが、少なくとも最近の2〜3年ほど、そして最後の高座を生で見ているという事実。
後悔しないために足を運んだ自分を、褒めてあげたい(笑)。

出ない声で落語を語っていた、志らくサン言うところの『談志というドキュメンタリー』。
それを生で見られたことは奇跡であり、幸せ。

Posted by いちこ at 2011年11月30日 17:21
≫いちこサマ

何と言っていいのか分からず、
自分と談志さんの関係を振り返っていた。
(対した関係ではないですが)

そんな感じでしょうか。

それでも、少しはドキュメンタリーを生で観た、聴いた。
そして、最後の高座にも立ち会えたのは、堀井健一郎さんが「伝説になるから見ておけ」とまで言ってくれたおかげです。
後の世の“伝説”の一部に立ち会えた感じがします。

立川流の落語会にはまだ行っていませんが、
年内に談笑さん、談春さん、それぞれ一回あります。
「こんな時だからこそ」の落語が聴けるかもしれません。
Posted by たにぃも at 2011年12月05日 03:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック