2011年11月12日

《感想》兼好「一分茶番」@今どき落語

前の週は、立川談志さん「金明竹」。

そして、三遊亭兼好「一分茶番」。

この二人は、寄席(定席)には聴けない二人。

兼好さんの「一分茶番」は、
というか「一分茶番」自体をCDでも、一度も聴いたことが無いと思ったら「権助芝居」だったのか。

勉強になるから歌舞伎を見ろ。そして、能。
狂言のほうが好き。
そうはいっても、やっぱり、落語が一番。

歌舞伎というのは当時のニュースを取り入れてやっていたのだから、海老蔵さんのも取り入れればいいのに。
「こんなでっかい灰皿が出てきて・・・」
ここはカットですね。
何て言っていましたが、されなかったですね。

茶番劇、素人芝居の噺。
はじめは「蛙茶番」のような展開。いい役ではないので、役不足で来ない若旦那。
じゃあ、近場にいる人で芝居経験がある者はいないか? 田舎で芝居をやっていた飯炊きの権助。
一分払って権助にやってもらおうということになるが。
まず、了解を取るのに一苦労。
芝居になっても、観客と話をする、セリフを忘れるもう目茶苦茶・・・。

兼好さんの演じる権助のとぼけた味わいがいい。
軽くて可笑しい噺でした。

次は、林家彦いちサン「睨み合い」。
古典「睨み返し」ではない、新作。ドキュメンタリー落語っていうの?


ほなな
posted by たにぃも at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック