2011年09月13日

《感想》演劇らくご・その3@立川志らく

第13回 下町ダニーローズ公演
演劇らくご『ヴェニスの商人?』
〜火焔太鼓の真実〜

5日目(6回目)
2011年09月05日(月) 開演:19時00分〜
会場は、シアターグリーン BIG TREE THEATER
(ちょっと見つけにくいけど、二回目だから大丈夫。一回目は、紀伊国屋ホールでした。)
座席は、E列11番。
(ほぼ真ん中。でも、席が狭いんだよね。右隣は小さめのおじさん。左は大きめのお兄さん。でも、左のお兄さんの隣が空いてるから、ちょっと楽かと思ったら、途中から来た。)

立川志らくサンの演劇らくご。
私は今回で三回目。
「鉄拐」「疝気の虫」に続いて、「火焔太鼓」。「演劇らくご」という形では三回目だそうで、その三回とも観ている。そして、下町ダニーローズ公演としては、演劇らくごしか見ていない。

前二作は、いわゆる「後日談」という感じですが、今回はどういえばいいのでしょうね。
“火焔太鼓”が時代を超えて存在して、時代を越えるアイテム。
“DOG≪のアイテム”“神のアイテム”?
古典落語「火焔太鼓」の甚兵衛さんも“神のアイテム”のご利益にさずかったということか?・・・


第一部
志らくの古典落語「火焔太鼓」
このシステムが、いわゆる“演劇らくご”。まずは、志らくサンがたった一人で落語をする。
まあ、言ってしまえば普通に落語をする。

志らくさんの「火焔太鼓」は初めて聴きました。
お殿様に“太鼓”を見たいと言われた甚兵衛さん、普段言われっぱなしのおかみさんにざまあみろ!
しかし、「そんなホコリだらけの太鼓もって行ったら・・・」と、悪い妄想が広がってゆく。
甚兵衛さんとおかみさんのやりとりが可笑しい。そして、屋敷での甚兵衛さんと三太夫のやりとりも可笑しい。

普段の「火焔太鼓」との違いは分かりません。が
この「火焔太鼓」で出てくるワードが、演劇にもちりばめられていて、笑いにつながる。そいいった構成なので、演劇らくご用に盛り込まれている言葉もあるのでしょうね。


第二部は、
演劇『ヴェニスの商人?』〜火焔太鼓の真実〜

タイトルの通り、今までのような直接的な後日談とは少し違う。しかし、“火焔太鼓”がキーアイテムになっている“タイムスリップ・ヤクザ・ファンタジー”。
実は、シェイクスピアの「ヴェニスの商人」のストーリーを全く知らない。「ゴッド・ファーザー」も一度は見たが、お気に入りの映画ではない。
知っていれば、もっと面白かったのかもしれないけれど、十分楽しめた。あっという間の2時間半。

ひとつの店「ジェシカ」を舞台に、現在、過去、さらに過去と三場面。
主人公の“写楽”(立川しらく)がある取引をする現在の「ジェシカ」バーでしょうか。ここのオーナーは喜多川(田口トモロヲ)。
兄貴分の蔦屋(橘家文左衛門)が写楽のために、喜多川から借金をし事件が起こる。

そして・・・

写楽の少年時代。「ジェシカ」は喫茶店。店のオーナーは、さくら(弥香)だが、喜多川の手に渡ろうとしている。
さくらが生まれる前、さくらの両親が店を経営していたラーメン屋。

同じ場所の異なる時代を飛び回り話は展開する。

ヒロインの“さくら”役(寅さん?)の弥香さん。いいですね!
元アイドルにしては若いし、現役アイドル? 誰なんだろうかと思ったら、モデルさんで役者もやっている方ですね、魅力的。
これから売れてくるのでしょうね。

アイドル? と、思ったのは「鉄拐」では、北原佐和子さん、森口博子さん、竹本孝之さんと(元)アイドルなキャスト。前作では引き続き、森口博子さん、竹本孝之さん。
で、今回は、竹本孝之さん・・・、ということなんです。奥さんももとアイドルみたいです。

今回の配役。
噺家の橘家文左衛門さんのヤクザの兄貴役、ピッタリ過ぎ。
立川談四楼さんもヤクザ。ヤクザの演劇ですから・・・。
元・ケイ子先生で、現在浪曲師の春野恵子さん。
ミッキー・カーチスさんは、“DOG”。ハーモニカも披露してくれました。シビレます。

最後のあいさつで
「これが私の考える現代の落語のです。」というようなことをおっしゃっていました。
(間違っていたらすいません)

志らくサンの“シネマ落語”も聴いてみたいな。


ほなな
posted by たにぃも at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは☆

志らくサンの「火焔太鼓」は何度も聞いていますが、わざわざ演劇用に台詞を盛り込んだようには感じませんでしたょ。
多分、あるのだとは思いますが。

『ヴェニスの商人』は、演劇らくごの前に予習していきました(笑)☆
今まで全く内容知らず、でしたので。

Posted by いちこ at 2011年09月30日 17:36
≫いちこサマ

志らくサンの「火焔太鼓」ほぼ、ままなんですね。
火焔太鼓を持って行った時、どうなるか・・・可笑しいです。

いちこサンは、ちゃんと予習していったのですね。私は帰ってから、検索したら「借金」「肉を与える」とか、そのまんまヤクザの世界に置きかえられていとは・・・。

他にも「ゴッドファーザー」とか、志らくサンの好きな世界がつまっている感じがしました。
Posted by たにぃも at 2011年10月06日 22:17
こんにちは☆

私は【ゴッドファーザー】を全く知らないんです。
拳銃がトイレのタンクの裏に…とか、知らされていても、ピンとこない。
でもそこまで予習するのは疲れるので、覚悟を決めて(諦めて)放置してしまいました☆
Posted by いちこ at 2011年10月08日 17:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック