2011年08月17日

「落語研究会」スピンアウト番組

CSの「TBSチャンネル」の番組をチェックしていたら、こんなのを見つけた。

赤坂BITZ寄席LIVE
去年の初めと、今年の初めに開かれた落語会で、「落語研究会」のスピンアウト企画だそうだ。

番組紹介はこう・・・

赤坂BITZ寄席LIVE
(初回放送:9月17日(土)16時00分〜18時00分)
【みどころ】
明治38年に当時の落語界に危機感を持った落語家たちが“落語の研究、後進の養成、寄席改良”をスローガンに、本格の落語を目指して始まった歴史ある会「落語研究会」。現在ではTBS主催の「第五次落語研究会」として国立劇場小劇場より、人気落語家たちの演目が毎月披露されている。そして、1968年に始まった「第五次落語研究会」は、2010年3月で通算500回を迎えた。これを記念したスピンアウト企画として、第1回「赤坂BLITZ寄席LIVE」を開催。古典落語のみならず、新作落語、紙切りや江戸曲独楽、俳優・風間杜夫による「火焔太鼓」の一席など、普段とは趣きの異なった落語空間が完成した。「落語研究会」では見ることのできない「ライブハウス寄席」を、たっぷりとご堪能あれ。

プロデューサー:磯山晶
ディレクター・監督:今野徹

【開催】2010年1月27日
【会場】赤坂BLITZ
落語:柳家喬太郎「諜報員メアリー」 
江戸曲独楽:三増紋之助 
落語:風間杜夫「火焔太鼓」 
紙切り:林家二楽 
落語:柳家喬太郎「唄う井戸の茶碗」


第2回 赤坂BITZ寄席LIVE
(初回放送:9月18日(日)16時00分〜18時00分)
【みどころ】
明治38年から始まった歴史ある会「落語研究会」。現在ではTBS主催の「第五次落語研究会」として国立劇場小劇場より、人気落語家たちの演目が毎月披露されている。そして、2010年に開催された落語研究会500回記念のスピンアウト企画「赤坂BLITZ寄席LIVE」がめでたく第2回を迎えることとなった。
今回の出演は、「落語研究会」ではおなじみ!歌って語れる古典落語の名手・柳亭市馬。2010年に五代目を襲名した期待の若手真打・柳家小せん。人気上昇中のピアニカを使ったパフォーマンス・めおと楽団ジキジキ。そして、ドラマや映画で大活躍中の女優・南沢奈央がゲストとして登場し、古典落語に初挑戦する。
普段の「落語研究会」とは趣が異なる落語空間「ライブハウス寄席」を、たっぷりとご堪能あれ。

【開催】2011年2月10日
【会場】赤坂BLITZ
落語:柳家小せん「黄金の大黒」
落語:柳亭市馬「粗忽の釘」
落語:南沢奈央「雛鍔」
音楽パフォーマンス:めおと楽団ジキジキ
落語:柳亭市馬「味噌蔵(BLITZバージョン)」
 ※アコーディオン演奏:華乃家福人


第一回は、喬太郎さんが、気になる。
「諜報員メアリー」と「唄う井戸の茶碗」。
「唄う井戸の茶碗」って何?
いろんなことに挑戦する、喬太郎さん。楽しみ!

第2回は、南沢奈央ちゃんが、落語に挑戦。
志の輔さんの「落語DEデート」や「東京かわら版」の巻頭エセーでも落語好きを好評!
挑戦するのは「雛鍔」。カワイイ「雛鍔」になりそう!!

これを見るには、スカパーに入らないと・・・。


ほなな
posted by たにぃも at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック