2011年06月30日

末広亭6月下席 主任・小三治の十日間

ついに、今日は楽日

新宿・末広亭6月下席 夜の部
主任・柳家小三治

21日(火)「青 菜」
22日(水) 休 演
23日(木)「馬の田楽」
24日(金) 休 演(代演・市馬「笠碁」)
25日(土)「天 災」
26日(日)「粗忽長屋」
27日(月)「千早ふる」私も足を運びました。
28日(火) 休 演
29日(水)「船 徳」
30日(木)「青 菜」

初日と楽日に「青菜」、季節の落語ですしね。
私も何度かあたたことがあります。

「植木屋さん、精が出ますな」

「体に熱がこもっているから、冷たく感じるんでしょうな」

こうやって、十日間の演目をまとめてみるのも面白いものですな。
真夏の池袋演芸場で聴けないのが残念です。


ほなな
posted by たにぃも at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 小三治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは☆
今更ながら…ですみません。

小三治師匠が主任だと、ブログ・ツイッターなど探せば見つかりますよね。
10日間、同じ方ですか?

権太楼サンのGW鈴本の時は、私も小三治師匠の演目を探しました(笑)。

権太楼サンが浅草で主任だった時は…10日間を網羅することは出来ませんでした。

小三治師匠の「天災」と「船徳」、聞いてみたいっ!!
「船徳」は季節モノだから、もぅ出会えないかも…ですね。

「馬の田楽」は生でも聞きました。
パッパカパッパカパー
馬が走る描写の擬音が、ただそれだけで笑えます☆

Posted by いちこ at 2011年07月25日 16:43
≫いちこサマ

はじめは、何気なくツイッターを見ていて、「そっかー、今日は青菜かぁ」なんて見ていたのですが、
自分が行くまでに何をやったか見たくなって、検索したりしているうちに
「そっか! 10日間そろうかな?」と思って検索してみた。

検索は「小三治」「末広亭」を別々で検索しました。「小三治」では、引っかからないのがある感じだったので、「末広亭」でも検索しました。

ブログも一部ありますが、ブログアップは少し遅くなるので、ほとんどツイッターですが、さすがに10日間同じ人ではないです。

「天災」は聴いたことがあるんですが、
「船徳」「馬の田楽」は生ではないですね。
「船徳」は、膝立ちで熱演だったようです。私も観たい、聴きたい!

権太楼さんは、寄席によく出るので、特別感にかけるのでしょうかね。
小三治さんだと、あまり寄席に行かない人でも、どうせ聴くなら、という方もいるようですから。
小林聡美さんも、立ち見するくらいですから。
Posted by たにぃも at 2011年07月26日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック