2011年06月23日

図書館で借りたもの&予約中

図書館で落語のCDを検索したら、
新しいもあったので予約して、届いたものと返却待ちのもの。

借りたもの・・・

春風亭昇太04
「宴会の花道」「マサコ」

桂文楽
「素人鰻」「鰻の幇間」「よかちょろ」
「船徳」「富久」
「明烏」「酢豆腐」「厩火事」「鰻の幇間」「船徳」「寝床」

柳家さん喬
「お若伊之助」

が、届いた。


喜多八膝栗毛 〔3〕
「たけのこ 」「目黒のさんま」「明烏 」

柳家権太楼名演集 11
「文七元結」

は、10人以上待ち状態で、予約。

古典落語に新作落語
昭和の名人、現役の落語家それぞれ、この人選は、どうなの?
じっくり、楽しんで聴きます。


ほなな
posted by たにぃも at 16:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは☆

もぅ一年くらい、図書館に行ってないです。
久々に行ってみようかしら。
伝承ホールの建物に、図書館も入ってますよね。
ちょっとのぞいてみようかな。

昭和の名人、実はあまり聞いたことがないです。
志の輔サンのラジオと、演芸誌の付録くらいで。
直接知らないから、なんだか遠い存在で。
やっと志ん朝サンが耳に馴染んできました。
錦松梅のおじさんくらいの認識で…(笑)。

元々好きだから評価は偏ってるかも…ですが、権太楼サンの「文七元結」、いいですョ☆☆

Posted by いちこ at 2011年06月29日 16:49
≫いちこサマ

私もそんなにたくさん聴いているわけではあいですが、落語に興味をもって、生で聴くまでの一年間は、CDとテレビのみで(そのころDVDはほとんど無くて)

志ん生を少し聴いて、
志ん朝、小三治は借りられるもの全部。
枝雀、談志、たまに圓生、小さん。
文楽はほんのちょっと。

それより、さん喬、権太楼にいって、今生きている人のを聴きたくなってきた
というのが、流れです。

権太楼さんの「文七元結」は予約しましたが、15人待ちで、最長一人三週間なので、いつになることやら。
待ち切れずに、ツタヤで探すかも・・・。
Posted by たにぃも at 2011年07月01日 20:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック