2011年06月07日

《感想》寄席の日の秘密倶楽部@池袋演芸場

2011年06月06日(月)
寄席の日(毎年、6月第一月曜日)
木戸銭が、半額に!

前日も、チラッと狙っていた池袋へ。
木戸銭は1,200円也

今日は、文左衛門さんの代演はなし。
三三さんが休演で、
燕路さんが代演。
同じ小三治一門ですが、
一般的にはやや落ちるのでしょうが、私は悪くない。

全体的には、
さん喬一門がメインですね。
先代小さん・孫弟子の会。

昼席の途中から入ろうか? 何て考えていたのですが、
(しかし、昼席は立ち見がいたらしい)
実際は、夜席の開口一番の途中から。

一旦、一番後ろのパイプ椅子に
開口一番・おじさんの「平林」が終わると同時に席を移動し、
両サイド空きのC列13番へ。

開口一番
柳家おじさん(権太楼一門)
「平林」初めてかな。とぼけた感じです。
そのまま、高座返しを終わりまで。


柳家小んぶ(さん喬一門)
初めての小んぶさん。
パンチパーマ? 何かイカツイ!
「ま、そういうことで・・・」
(まだ、何も喋ってないぞ)
見た目の割りに、とぼけているというか、飄々としているというか・・・。
「家見舞」(肥瓶)でいいとは思うのだが、ちょっと今までに聴いたものとちょっと違うぞ。

柳家さん弥(さん喬一門)
「子ほめ」
先日の池袋で代演出登場。そのときもコレでした。

柳家小菊(俗曲)
けっこう、タップリでした。

柳家甚語楼(権太楼一門)
甚語楼さん、久しぶりな感じ。
今日は「粗忽長屋」。
凄く個性的なわけではないが、楽しい、明るい高座です。

寄席慣れした、人も多い感じと、寄席初心者的なウケ方も混じっている。
このあたりからさらに人が増えてきた。
ゆったり満席から、大分、詰まってくる。

柳亭燕路((小三治一門)
白酒さんの出演順ですが、三三さんが休演で、白酒さんはヒザ前に移動して、
三三さんの代演・燕路さん。
「猫久」
寄席で聴くのは初めてのような気がします。

花島世津子(奇術)
久々のユル系奇術の世津子さん。
「よし、大成功」

古今亭菊之丞(円菊一門)
お馴染み「棒鱈」
「紙入れ」「幇間腹」とコレ、けっこう頻度が高い。
すっきり系、スマート系の「棒鱈」ですね。

〜仲入り〜(席を動かず)

柳家喬之助(さん喬一門)
「締込み」
この噺は、シチュエーションが面白くて好き。
喬之助さんの演じる奥さんが、可愛いかったな。
よく喋るけど。

桃月庵白酒(雲助一門)
マクラからけっこう飛ばして、毒づいてます。
池袋演芸場は落語家の“流刑地”。
池袋という地域、それも西口の北口についても言っていましたがその辺は、自粛して書きませんが。
よく口にするのが、カップルに対するひがみのような“毒”。
ひがみたくなるうらやましいカップル。
本人同士が幸せならそれでいいカップル。
「周りはみんな気がついているに本人だけが気づいていない、同伴カップル」

そんな寄席に、子供を連れてくる何て、それなりの覚悟で来ているに違いない。

「短命」初めて聴く!
しなをつくって
伊勢谷の娘と婿が仲がいい
「ふぁん・ぬわっ・たはぁーん」
(鼻に抜けすぎ(笑))

「見舞いに行こうと思ったら、また死んじまった」
「お前はいつも間に合わないな」
「そうなんです!」

「誰も見ていないから、夜やることを昼にやる?」
「みなまで言わすな、子供がいるんだから」
「ふぉ(ニマリ)。ふぁぁ、ふぃぃ、ふ。」
「手でやるな!」

八五郎、しなをつくって
奥さんに、ご飯をよそって欲しいと頼む
「しょうがないね」と茶碗でひとかき
「あっ、今しゃもじ使わなかったろう」

「詰め込むな!」

「投げるな!!」

「長命だ」
(爆笑の「短命」でした)


この辺で、チラホラ変える人が・・・。

ロケット団(漫才)
「ロッケンローッ」連発。
今日は「ヒーローインタビュー」


柳亭左龍(さん喬一門)
数ある寄席の中から池袋を選んでくださいまして・・・。
ここは秘密結社のようなところ。
ということで、昔の池袋演芸場の噺。
“放送禁止寄席”というのがあったらしい。
よく出ていたのは、白鳥さん。ほか、ただ酔っ払って出てきた落語家さんも。
この会が、一番盛り上がっていたって。
しばらく出遭わなかった左龍さん、やせる前のパパイヤ鈴木似。

「蛙茶番」
寄席で聴くのは初めてのような気がする。
「寝床」はよく聴きますがね。
下ネタです。だから、あまり出番が無いのでしょうか、この演目。
デートだとちょっと気まずい?

20時28分終演。

1,200円でとっても楽しみました。
雨に降られずによかった。


ほなな
posted by たにぃも at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック