2011年05月30日

《感想》雨の日の「笠碁」喜多八@鈴本演芸場

2011年05月29日(日)雨
南の方では、台風が。
ぜんぜん“決死隊”の気分ではないけれど、行ってきました。

開場は、17時。
最近は、JR御徒町から行ってます。
16時過ぎくらいに着いたのだけれども、この雨の中どうするか。
一度、鈴本演芸場の見えるところまで様子を見に行くと、全然大丈夫そうなので
ちょっと、マックで過ごして、16時45分頃に行った。

寄席が近づいてくると、ハネ太鼓が遠くに聞こえる。
「まだ、しばらく並ばないといけないかな」と歩いていくと
寄席についてころには、太鼓の音は止んでいて、入場券売り場に人が並んでいて、外側でなく内側へらなんでいる。
すでに、入場券の販売が始まっていて、入場も始まっていた。

場内は、前数列がパラパラと埋まっている感じ。
座席は、へORと列(6、7列)の6番、奥の通路側。
最終的には、半分ほどがパラパラち埋まっているという感じでしょうか。

そして、先に書いておくと、私の席の前のカップルは
色物の旅に席を外す。100%なんです。
伊藤夢葉(奇術)、ロケット団(漫才)、
翁家和楽社中(太神楽曲芸)、柳家小菊(粋曲)全部。
そんな楽しみ方もあるんやね。


開演15分前に登場、前座の歌る美さん。
落語を聴くのは二度目かな。髪切った。
「真田小僧」何だけど、ちょっと違うのは、師匠の歌る多さんのものなんでしょうかね。
なかなか表情が豊かで楽しかった。

交代出演のろべえさん、一之輔さんが休演。
どちらの出演になるかは分からないけど、一之輔さんがよかったな。
(代演)さん弥「子ほめ」。

伊藤夢葉さんの奇術。
いつも、いきなりムチ登場のはずが、今日はないのかな?
と思ったら、二番目に登場。ただの趣味です!
ほんとによく喋る、喋り通し。
「何かご質問は?」懐かしい!
(師匠は伊藤一葉)

一琴さん。
最近あまり出会わなかったなぁ。
「強情灸」
一琴さんは、体型も顔もダルマさん。
これは、表情が勝負ですよね。楽しかったです。

よっ! 待ってました!!
白酒さん。「替り目」中ほど。
合間で出てくる白酒さんは、「替り目」か「真田小僧」の確立が高い気がする。
でも、面白い。
「飲むの」「飲めないの」「飲むの」「飲めないの」
「お前は俺か? 俺が飲むって言ったら飲むの・・・」

ツマミにおでんを買いに行こうとするおかみさん。
それを引き止める旦那さん。
「何で何を食べるか聞かないんだ」「だって、いつもいっしょじゃないか」
「でも、今日は、はんぺんが食べたいかも知れないじゃないか・・・」
で、はんぺんの件がしばらくあって
「じゃあ何にするんだい」
「えっとねぇ、大根に・・・」
「いつもと一緒じゃないか」

ロケット団(漫才)
内田裕也、大相撲・八百長問題、AC、
そして、大喜利戦隊・ショウテンジャー。

小満んさん。聴いてみたい、渋めの落語家さんでしたが、やっと出会いました。
演目は「尿瓶」(別題・しびんの花活け)。
珍しい話ですが、実は二回目。もっと、いろいろ聴いてみたいですね。

アニイ・文左衛門さん。
他の人は、こういう時世だから、忘れて気楽に笑いましょう、って言いますが、私はそうはいきませんよ。
放射能で汚染された水が海に垂れ流されているわけですよ。(開場は静まり返って聞いている)
この影響でどんなことが起こると思いますか?
映画のゴジラでもあったように、海の魚がね・・・、
5メートル、7メートルとか巨大化して泳いでいるわけですよ。(笑)
これ、どうします? 鰹節がこんなに大きくなっちゃう!
さらにね、鮭が海でね巨大化して、川を上ってくる。鮭が熊を食べちゃう。
鮭が熊を加えた木彫りを作らなきゃならない。
「千早ふる」
文左衛門さんのは、アニィが知ったかぶりをする。
下席は楽日ではないが、文左衛門さん自身は楽日で「何でもあり」弾けていました!
サゲの「続きはウェブで・・・」は、好きじゃない。

〜 仲入り 〜

翁家 和楽社中(太神楽曲芸)
ナイフ投げは、ドキドキしますね。

正蔵さん。
特別興行でない寄席で見ると、ちょっと不思議な感じ。
喜多八さんはフランスの香りがする毛深さ。気にかけてもらっているそうです。
歌舞伎と落語、寄席の違いの話。
「寄席の場合、見た感じでユニクロ7割」私も入っています。
「四段目」
これは、得意ネタですよね。子供の出てくる噺は、合いますよね。

小菊さん(粋曲)
もっと、都々逸とか、理解したいね。


喜多八師匠。
マクラで、人の好き嫌いの話。電車で席を替わらない話をしたので
「長短」? と、思ったら、そこから碁、将棋の話へ。
将棋の対戦のまねをしていたが、着物で扇子も持って、こんな人ホントにいそうな感じ。
「笠碁」。
おっ! 喜多八師匠の「笠碁」は、初めて!

2人がケンカをしてから、トーンの低い演技が続きます。が
やることが無く、煙管を吸いながら、小言をいっているのもところも、可笑しい。

やはり、笠をかぶって横を見ながら、首を振って歩くところは可笑しい。
目もギョロっとしているて、表情も豊か。

最後
「じゃぁ、どっちがヘボか、勝負するか!」
で、一気にテンションが上がる!
そして、雨の雫で・・・。

けっこうな降りの雨の中を歩いてきて、この噺
何かイイですね。

20時39分終演。
全体的に、とても楽しい番組でした。


ほなな
posted by たにぃも at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック