2011年05月28日

DVD「三遊亭兼好 落語つれづれ」第2弾!

DVD
「三遊亭兼好 落語つれづれ」(2010年)
大山参り/七段目/三枚起請

何とも、軽くて、楽しくって、イイですね。
兼好さんは、人情噺はしないんですかね。他のDVDのラインナップを見てもないようだし。
でも、私は、こういうの好きです!
もう一枚も観よう、っと。

ほとんど「人形町噺し問屋」からですね。
私は、7月、8月と予約済み!

これは、第2弾なんですが、第3弾が八月に出るようです。

あ、ひとつ気になったのが、録画はあまり良くないみたい。
データが荒いのかな? ちょっと動きがカクカクしたところがあった気がします。


以下【ポニーキャニオン】ホームページより

若手の中でも大きく頭角を現し、勢いと共に風格も出てきた三遊亭兼好
待望のDVD第2弾!

■収録演目
◇大山詣り
町内恒例の大山詣り。乱暴者の熊に、酔って喧嘩をしたら坊主にすると約束させたが、やはり今年も帰りの宿でやってしまう。
一行は寝込んだ熊の頭を剃り上げ、宿へ置き去りにして出てしまった。怒った熊は早駕籠で一足先に帰り、仲間のかみさん達を集め亭主は皆死んだよと嘘をつくが、さて結末は。
(2010年6月4日 日本橋社会教育会館「人形町噺し問屋」にて収録)

◇七段目
芝居狂いで仕事をしない若旦那に大旦那は説教をするが、まるで効き目がない。今日も二階でおとなしくすると見せかけ芝居の真似事。
旦那に言われて止めに来た小僧も一緒になって「忠臣蔵」を始めてしまう。兼好演ずる芝居の真似は仕草からセリフ回しなどピタリと決まり、なかなかに楽しい一席だ。
(2010年2月1日 日本橋社会教育会館「人形町噺し問屋」にて収録)

◇三枚起請
「起請」とは遊女が客にいずれは一緒になるという約束手形。棟梁に伊之さんに清さん、町内の3人は喜瀬川という花魁からそれぞれ起請をもらったことを知り腹をたてる。
さて一行は女を懲らしめに吉原に向かうがどうなりますか。女の客扱いや棟梁との言葉の応酬など、廓の空気を兼好が小気味良く描き上げる。
(2010年2月1日 日本橋社会教育会館「人形町噺し問屋」にて収録)


第1弾!(2009年)
■収録内容
「宿屋の富」(真打昇進披露 横浜にぎわい座'08.10.4)
「磯のあわび」(人形町噺し問屋 日本橋社会教育会館'09.8.18)
「粗忽長屋」(人形町噺し問屋 日本橋社会教育会館'09.9.25)

第3弾!
DVD 2011.8.17 ON SALE
三遊亭兼好 落語つれづれ
■収録
「明烏」('10.3.15収録)
「置泥」('10.4.16収録)
「風呂敷」('10.10.4収録)


ほなな
posted by たにぃも at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック