2011年05月05日

《感想》イッセー尾形・ヒットパレード7ネタ@渋谷

前日の映画の日に映画に行かずに、2日に六本木の映画館へ。
この映画に行くと、鈴本の開演時間に間に合わないので、仕方なくこの日に行きました。
映画が終わって、そのまま六本木から渋谷へ。

開場時間を目指せば、寄り道せずに、ちょうどつく感じ。

イッセーさんのHPからのWEB予約。
振込みもなく、チケット送付、発券なしで、当日受付なので、余裕持って行かないとね。

渋谷駅を出て、ハチ公前の方から、セルリアンタワー、インフォタワーを目指して。
一度、セルリアンタワー東急ホテルを通り過ぎかけて、この裏方だと気づき、細い道から入って見つかりました。

渋谷区文化総合センター大和田 6F 伝承ホール
〜渋谷に新劇場オープン〜
ということで初めてです。

エレベーターを降りると、エレベーターホール?
椅子が幾つか並んでいて、その隅に受付がありました。
そこで予約番号を伝えて、チケット代を払い、チケットというか半券を受け取って中へ入る。

会場内は、ほとんど通路しかないような感じで、ちょっとだけグッズ、DVDなどを売っていました。
そんなわけで、ケータリングは無し。
座席を確認してから、のどが渇いたので、電気が消えてひっそりと隠れている自動販売機で買って、エレベーターホールへ。
飲食は外で・・・。
45分以上あるので、椅子に座って「ファイティング寿限無」を読む。


何か、前置きが長くなったので、本題へ。

2011年05月02日(月)
イッセー尾形のこれからの生活2011 in 渋谷
〜渋谷に新劇場オープン〜
五日目
19時00分〜 座席:12番14列

舞台がわりと低い位置にある。こじんまりした舞台。
両サイドには、桟敷席がある。

最後に紹介されましたが、
今回は、YouTubeでアクセスが多かったものから選んだとか。
私は、イッセーさんは、2、3回目くらいなので、初めてのものばかりでした。


「シボ屋」
専門用語過ぎて分かりませんが、建築現場の壁板を組んでいく鳶職とでもいうのでしょうか。
そのときは、聞き取れなくて、後からネットで調べました。
簡単に言えば、建築現場風景。ニッカボッカに地下足袋、頭にはタオルを巻いて
ギックリしちゃいます。

生着替えは、いつも通り

「政治家」
デップリしたお腹に、ダブルのスーツ。大きな身振り手振りで話す。
声は、田中角栄とドナルドダックを足して、二で割った感じ。
これは、アメリカ公演のときに考えたネタのようで、ほとんど言葉にならない音を発生している。
まさに、ドナルド。時折、聴き取れる。こんなのもあるんですね。
パントマイムに近い感じ。
アメリカでも、政治家のイメージはこんな感じなんでしょうか。

「バーテン」
これはいろんな展開があるようですが、夏の客の来ない店のバーテン。

「幸せ家族」
年に一度の家族旅行。頑張って家族旅行を楽しもうとするお父さん。
仲居さんへの心づけ、細かいお金が無くて5000円払ってしまうところから、ケチがつく。
幸せを演じるお父さん、だんだん体調が悪くなる・・・。

「花嫁は50歳」
何だか、申し訳ございません。
相手の旦那さんがどんな人か、勝手に妄想されていることが明らかに・・・。

「天草五郎(平家物語)」
これは、シリーズの新作とくことですね。
あのキャラクターたちが(といっても、私もあまり認識しておりません)、平家物語に配役される。

「アトムおじさん」
でたーっ やったー アトムおじさん!
一応、芸人さんなんですよね。おじさん、ってか、おじいさん?
んー、凄い!

最後に、ちょっとトーク。
今日のネタが、YouTubeでのアクセス数の多いものからという話と、それぞれのネタについての事。
「シボ屋」は、作ったのは「お笑いスター誕生」の頃。実際、鳶職の仕事をしたこともあるそうだ。
「政治家」は、アメリカ公演で言葉が分からないから、コレでいいんじゃない、って。
などなど。

イヤー、楽しい時間でした。
ローソン・コラボDVDのひとつ前のを買いました。


ほなな
posted by たにぃも at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック