2011年04月28日

《感想》主任・萬窓さん@池袋演芸場

池袋の下席は、昼・夜入れ替え。

夜は特別興行で、
昼といっても2時〜5時過ぎまでなんですね。

遅くなりすぎず、いい感じの時間帯。
そして、木戸銭は二千円也。

何かどっぷりでなく、寄席で軽めに過ごしたかった。

そして、今まで一度も聴いたことのない主任の萬窓さん。
ホームページを見て、きれいだったのでちょっと興味を持って行ってみた。
年齢も私と近いし。
渋めのラインナップ。

そんな混まないだろうと落ち着きすぎて、着いたのは開演時間をちょっと過ぎた頃。
まんべんなくバラついた客席は、半分以上入っているという感じだが、ひとつ感覚に座っているので、とりあえず、正面最後列のパイプ椅子に座る。
そのままでも遠くは無いし、切りのいいところで移動するかと。

一人目のたけ平さんの噺が始まっていた。
「鷺とり」
バカな噺だけど、けっこう誰もが知っている噺ではないでしょうか。
上方の人間の方がよく知っているのかな。
たけ平さん、ときどき見かけますが、どことなくタレントっぽい雰囲気を感じます。
普通に落語も聴けます。

窓輝さん。
イケメンというか二枚目って感じ。
後で調べて分ったのですが、圓窓さんの息子さん。そうか「圓生」襲名に無関係でもないんだ・・・。
イマイチ華が無いというか、パッとしない印象
「十徳」
初めて聴く珍しい噺。でも、落語らいい噺。

三三さん。
若旦那のマクラを振りながら、楽屋の方を見る。
(私は当日、窓輝さんのことを知らなかったのですが)
「二代目・若旦那が、楽屋にいるんだなぁ」とだけ思っていました。
「湯屋番」お馴染の湯屋番でした!

ホンキートンク(漫才)
安酒場です。漫才は、速攻力のある笑いですね。

扇遊さんは「天狗裁き」。
寄席に通い始めて「天狗裁き」を生で聴くのは初めてかな?
扇遊さんの顔は、天狗が似合うと思いませんか?

木久扇「彦六伝」。
池袋で木久扇さんを聴くのは、不思議な感じ。浅草が似合うと思う。
そして、今日の客席には、笑い屋さんかと思ってしまうような、おばちゃんがいる。
とっても、笑ってました。ま、可笑しいっっちゃ、可笑しいんですけど・・・。

仲入り

やっぱり、お尻が痛いので移動して、最後列F列に席を確保。
「あぁ、クッションがあると楽!」

菊之丞さん「紙入れ」。
よく聴く話の前段階の様な噺があった。
噂話の小噺? それとも、いつもはカットされてします「紙入れ」の前部分なのか?
与太郎が、噂話を本人にしてしまうという噺でした。
それから、おかみさんと新吉のやりとりに。

市馬さん「高砂や」
歌のうまい、高砂や!

正楽(紙切り)
久しぶりに、正楽さんにお会いできました。可笑しなひとだ!

萬窓さん。
何か気になって来てみました。
「百川」
どことなく、ときどき、志ん朝さんに似ている。(私は、志ん朝さんの生の高座は聴いたことありませんが)
そう思って、HPの写真を見ると、角度によって少し見かけも似ている。
さらに、ネットで検索すると、やっぱり似ていると感じる人はいるようです。

「百川」は、CDで、志ん朝さん、圓生さん、小三治さん(生も)を来たことがある。
そして、どれよりも面白くは無かった。(比べちゃ可哀そうですが)

あらに、何かいいなぁ! と、言うところも感じなかった。
何かツルツルしていて、引っかかりがない。
でも、「もうちょっと聴いてみたい」と言う感じもした。


ほなな
posted by たにぃも at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック