2011年04月14日

《感想》小三治会長@復興支援寄席・初日

志ん輔さんの噺で忘れていた、マクラ。
一朝さんの噺。
あのディア00の安土城というのがあって、少しずつ材料が送られてくる。
二年かかって完成したのが、3月10日。次の日壊れました。
「バカでしょう? 震災で笑える話はこれくらい」

正蔵さん、木久扇さん

が終わり、10時50分。
何時まであるのかな?

昼席は12時30分からはじまるので、
11時30分までには終わるだろうとは思いつつ・・・。

柳家小三治
「今日は、事前の宣伝もあまり出来なかったので、お客さんが来てくれるかどうかと思っていたんですけが、月曜の朝にこんなに来てくれるとは、ありがたいことです。」
(客席のうまり具合は、半分以上三分の二以下というところかな)

「今日来ている(噺家)連中は、命令したわけでもないのに、通る人が邪魔ンなるくらい、あんなに来てくれました。案外、イイ奴なんじゃないかってみなおしましたョ」


地震当日の小三治師匠の噺。
当日は、新潟に向かうところで、新幹線に乗っていた。
そしたら、熊谷(埼玉)あたりで止まってしまった。そこで五時間カンヅメ。

暗くなって、一番近場の駅まで歩いていくことになった。500メートルぐらい、って言うから
「それぐらいだったら大したことないな」と思った。
ところが、不動産屋の徒歩何分というのと同じで、行けども行けどもつかない。
まくら木の上とか、砂利の所を歩くんじゃなくって、横の方の電線とかを通している溝に、セメントで出来た蓋をしている、点検の人とかが通おる所。
着物や何かを持っているから、案外荷物があってたいへん。

駅について、とりあえず先方に連絡をして「行けなくなりました」って言おうとしたら。
「迎えに行くから待っていてください」って言うんだ。
待っててくれって言ったって、相手は熊谷がどんな所か知らない。待つったって、ホテルも何もないんだから。
でぇ、結局「行けません」って断って、帰らなきゃしょうがないから、タクシーを待った。
前の客が、「どこどこ」って言ったら運転手が嫌や顔していたから、私らは止めてとりあえずトランクを開けてもらって、どんどん荷物を乗せてから
「新宿」って言ったら「ひぇー」って・・・(笑)。

車はスムーズに動かないかったり、途中でコンビニに寄ったり、トイレに寄ったりしてもらったんだけど、その時にメーターを止めてくれた。
そういうもんだんですかね。それともこんなときだらかなんでしょうかねぇ。
案外安くついてので驚いた。
結局、7時間ほどかかった。もう、エコノミー症候群とかいうもんじゃない。足の指をこう開いたりとかそんなんじゃ追いつかない。もう、全身がエコノミー症候群。

そして、こんな時期ですが桜がほぼ満開。
桜というのは、陰木。陰の木の下で、陽気にする。そして、柳が陽木。陽の木の下に、陰の幽霊が出る。バランスがとれている。
と、この辺りから、いつもの陰陽のマクラ。宗旨の陰陽。

そして「小言念仏」。
「どじょうやぁーっ! なむあみだぁーっ」でお終い。

11時20分終演。

寄席の外へ出てみると、多くの芸人さんが、通る人たちにも向かって義援金を募っていました。
朝からいるたい平さん、ぺーさん、そして喬太郎さんの顔も見かけました。

平日だけではなくて、土曜や日曜にも、通常興行の前か後に行われます。
新宿・末広亭でな金曜(4月22日、29日)の夜21時30分から、なんてのもあります。

千円です。こんなチャンスはあまりありませんよ!
(しばらくあります)


ほなな
posted by たにぃも at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 小三治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは☆

11日の浅草演芸ホール前では、昼の部主任のたい平サンが出番前に募金箱を持って、道行く人にも呼び掛けていました。
“朝からやってます”って言ってまして、浅草で、じゃなくて鈴本からってことなんですね。

小三治師匠が荒川での独演会で“普段骨が折れる事が嫌いな連中が手伝ってくれて…”と話していました☆

噺家サンみんなが募金箱を持っていたら、誰に入れていいものか迷ってしまいますね(笑)。

Posted by いちこ at 2011年04月21日 17:19
≫いちこサマ

忘れた頃の返信です。

小三治師匠のお父さんが宮城出身というのを何かで見て、今回の地震で何もなかったのか気にはなっていたのです。

こちらのブログで
http://blogs.yahoo.co.jp/mars2007_mm/11947499.html

サンパール荒川の様子がありました。

やはり、親戚が多数被災されていて、しかも戦時中の疎開先が東北の方で、見慣れた町が無残な姿になっているのをテレビで見たそうです。
そして、募金活動の話をしつつ涙され、募金箱を初めて持って見てその重さを痛感されたとか・・・。

読んでいて、泣きそうになりました!
Posted by たにぃも at 2011年05月08日 19:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック