2011年04月12日

《次回》復興支援寄席@鈴本演芸場

もらったチラシを文字おこし、しました。


「復興支援(しえん)寄席」

次回の復興支援寄席は!

時 4月15日(金) 午前10時開演

於 鈴本演芸場

入場料 1000円 全席自由当日券のみ

問い合わせ 落語協会


出演

橘家円蔵

桂文楽

柳家さん喬

林家正楽

(都合により出演者の変更がある場合がございます)


 過日の「東日本大震災」では多数の尊い命が奪われ、
また被災に遭われた方達は今尚不自由な生活を余儀なくされております。
各方面の支援の輪は世界に広がり。
及ばずながらではありあますが、我が落語協会も各お席亭の力を借りて
協会員一同で支援活動と義捐金活動を始める運びとなりました。
会長の私も先頭に立って協力して参りますので、皆様ご協力をお願い申し上げます。

(社)落語協会会長
 柳家小三治



《初日の様子をちょっと》
私は、復興支援寄席の初日、4月11日(月)行ってきました。
9時過ぎに点きました、すでに30〜40人くらい並んでいました。
鈴本演芸場の入り口辺りには、円丈師匠、木久扇師匠、林家たい平さん、歌之介、林家ペーさん(ピンク!)、(帰りには)喬太郎さん、などなど、
復興支援寄席に当日出演しない落語家ほか落語協会所属の芸人さんが続々と集まって来ました。
ちょっと、通行人の邪魔になるくらい(笑)

寄席を運営するスタッフがいなくて(売店も閉まっています)、誘導なども落語協会の方々で運営しているようでした。
寄席へ入る人だけではなく、道を通る人にも義捐金を募ってました。

初日は、落語協会会長の小三治師匠自らがトリをとりました。
こんな会だから、遠慮なく地震の噺がしやすいかもしれませんね。
小三治師匠は、新潟に向かって新幹線の中、熊谷あたり、七時間閉じ込められて・・・
続きはまた書きます。


ほなな
posted by たにぃも at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック