2011年02月25日

《感想》何ちゅう三人会@喬太郎・鯉昇・桃太郎

練馬で行われている三人会。桃太郎さんが中心のようです。
桃太郎さんに、鯉昇さん。
落語芸術協会のこの二人がそろっただけで、何ともふわふわ可笑しい感じ。
そこに、落語協会から喬太郎さんが加わって、どんな三人会になるのか。

開口一番は、つい先日も聴いた、大曲出身の小曲さん「たらちね」。

続いて、トップバッター
桃太郎さんが、眼帯をして登場。
「これ、とろうかと思ったんだけど、これで寄席でたらウケたんで、付けて出ましたぁ」

先日、小三治師匠と歌丸師匠と三人で九州を周ったそうで、その時小三治師匠に小言をもらったとか。
「ああいう人といると、小言もためになるねぇ」なんか、そうは聞こえないのはどうして?(笑)

「最近は、泣かせる落語が流行ってるようで、爆笑系はダメだねぇ。人気無いのぉ」
「仲代達矢さんの本にも、泣かせるより笑わせる方が難しいって書いてるんですよ」

そして、柳昇師匠や先輩師匠方の話、メインは女好きの話。

ホントは「唖の釣り」をやろうと思って、さらってたんだけどムナムニャといいながらも
「裕次郎物語」
CDでは聴いていたけど、生では初めてでした。
「オイラはドラマ―、やくざなドラマ―・・・」歌も披露。

鯉昇さん、まずはしばらく黙って、いつもの可笑しいマクラの数々。
季節がらのめでたい噺を、と「時そば」がじまった。
CDで聞いて楽しんでいたが、生では初めて。

で、途中でそば屋に娘さんがいて、年を聞く。そして、お勘定の途中も子どもの年を聞きなおす。
これは実は、「年そば」というものでした。それ以外は、「時そば」と同じ。
不味いそば屋の件では
「汁を飲むときは、後ろの塀によかかれって?」
「ずいぶん太いにね、二本しか入ってないよ。え、包丁忘れました?」
「竹輪が透けて見えるよ。なに? カンナで削りました?」
あげく
「初めてだぁ、温かいもん食べて、寒気がしたのぉは。」(笑)

サゲも、「時」が「年」に変わっているだけで同じ。

さらに、続いて、喬太郎さん登場。
時間を見てないから分らなかったんだけど、いろんな所へ旅に行きます、というマクラを軽くして噺に入った。押していたのかな?
「抜け雀」
宿屋の主人と女将がもめているところから。
絵描きのキャラクターが強烈。
「残念ながら細かいのは無い。
 ばかーー! 細かいのが無ければ大きいのがあるはず花街ではないか!」
と、主人を怒鳴りつける。
主人が弱い。女将と一文無しの間で右往左往。
絵描きの強烈なキャラ以外は、シンプルにコンパクトに噺が進んでいった。

あと二人の個性が強いのか、喬太郎さんが、一番普通に感じる。
去年「ラクエン」で、落語と演劇のコラボ何てやっていたので、何か得るものがあったのでしょうか。

仲入り後、
最後にトークショーだなんて、落語会珍しくありませんか?
また、そのトークショーが、何ともまとまりがないのですが・・・

いつもは、桃太郎さんが司会を務めているみたいですが、この時は、眼帯をしているので鯉昇さんがやることに。
でも、結局は桃太郎さんが話題を提供して、みんなに聞きはじめる。
また、そのお題が答えずらい。
オシャレな噺家さんというのもありましたが、そこから桃太郎さんのマクラにあった「女好き」だったり、小三治師匠はどう?、「嫌な人いない?」など。

喬太郎さんは
「桃太郎師匠と鯉昇師匠はは同じ芸術協会だからいいですが、私は・・・」
「今度、桃太郎師匠と三三と私なんだけど、どう対処していいのやら・・・」
ブログやツイッターで、書かないように!

なので、細かいことは書きません。
この会での喬太郎さんは、いつも桃太郎さんに振り回されっぱなしのようです。

情報サイト「zakzak」では、トークシーンの写真が見られます。
タイトルは、師匠たちの女性関係暴露「喬太郎 鯉昇 桃太郎 三人会」

自由な桃太郎師匠。
いやぁー、何とも楽しい、可笑しい三人会でした。
やっぱり「トークショー」がトリで正解なのかな。
また来たいな!


ほなな
posted by たにぃも at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック