2011年01月26日

BSクリント・イーストウッド映画

先日
「クリント・イーストウッドの真実」の放送がありました。
原題は「The Eastwood Factor」
2010年。
海外では、DVDにもなっているようですが、日本では出ていない、未公開ですね。
イーストウッド自身のインタビュー、作品ごとにコメントもありました。
「インビクタス/負けざる者たち」の制作の頃にとられた感じです。
まだ、全部ちゃんと見ていませんが、DVDに焼きました。
また、ゆっくり見ます。

では、近々放送される、イーストウッド作品をご紹介。

2月14日(月)午後3時〜
BShi
「荒野の用心棒」
1964年、黒沢明の「用心棒」を西部劇に仕上げ、マカロニ・ウエスタンブームの火付け役。

2月15日(火)午後3時〜
BShi
「夕陽のガンマン」
1965年。セルジオ・レオーネ監督、クリント・イーストウッド主演による第2弾。

2月16日(水)午後3時〜
BShi
「続 夕陽のガンマン 地獄の決斗」
1966年。イーストウッドはこの作品の後、人気スターとしてアメリカに凱旋帰国する。

2月17日(木)午後3時〜
BShi
「ペイルライダー」
1985年。イーストウッド制作・監督・主演。
「ダーティハリー4」の翌年、
「アウトロー」(76)以来久々の西部劇。
“青白き馬”で不意に現れ、そして去っていく名も無き凄腕のガンマンがバッタバッタと敵を倒していく。
基本的には、王道の西部劇ようなストーリー。
しかし、不思議な味わいがあり、マカロニ・ウエスタン的要素もタップリ。
偉大なるワンパターン、期待通りで、期待以上。

おすすめです!

私は、BShiは見れません。


ほなな
posted by たにぃも at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック