2007年04月21日

笑福亭 松の助師匠

「さんまのまんま」1001回目。
で、明石家さんまさんの師匠登場。
1000回SPには、ビートたけしさんとの久々のツーショット。
こちらは、すでに動画がネットに出回っているようです。

で、1001回目には通常通り30分ですが、
笑福亭松の助師匠登場。
芸歴60周年で、映画を作ったりしているのだが、
さんまさんには一切連絡無し。
さんまさんが「私もちょっと協力させてください」というと
松の助師匠
「さんまが出たら、そっちに話題をもっていかれるから、わしが消えてしまうがな。
 おまえが出たら迷惑や」
と嫌そうな顔。

入門前のさんまさんに
「あんたはセンスがある」と言わせた師匠である。
入門当時は「笑福亭さんま」であった。
駆け落ち事件があって、
破門はしていないのだが、破門騒動。
落語をしない芸風のこともあって、師匠の本名の(名字)明石からとって
明石家さんまが誕生した。

笑福亭松の助師匠の兄弟弟子には笑福亭松鶴師匠、
笑福亭鶴瓶の師匠である。
大阪に寄席が復活したのはつい最近で、それまで寄席がなかった。
演芸ホールといっても漫才が主流。
そんな時代に生まれたお笑い怪獣さんまさん。
一方、鶴瓶さんは落語の方でも頑張っている。
「鶴瓶兄さん」といいながらもイジルさんまさんに
鶴瓶さんは
「おまえ俺をバカにしてるやろ」といいながら嬉しそう。
そのせいか、
鶴瓶さんは後輩にイジラレています。


2007/04/21 22:26
旧「ODNまいぺーじ」より転載
posted by たにぃも at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック