2007年05月03日

先日、ニュースで川床が紹介されていた。

着物を着ることに興味を持ち始めると、
こうしたニュースが、今までと違った感じで飛び込んでくる。
これは京都の風物詩のようだが、京都でしか体験できないものか?

最近は、乗ってないのだが(手放してしまった)
単車に乗っていたとき
蒸し暑い夏に単車で走っていると、ふっと涼しくなるときがある。
それは、川の上の道だったり、
近くに池があるところだったり、
青々とした木々があるそばだったり・・・
車と違う楽しみでした。

洋服と違って、着物は風を感じる(というオススメ文句)と聞く。
着物で川床、納涼床へ行ってみたい。
自然と日本人の風情が涼しげで、うれしい。


2007/05/03 23:32
旧「ODNまいぺーじ」より転載
posted by たにぃも at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物・和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック