2007年09月18日

DVD「武士の一分」

キムタクだから見なかった。とも言い切れないが、
チョットある。

「たそがれ清兵衛」はまだ見てない。

「隠し剣 鬼の爪」はもう見た。

はっきりいって、
時代劇が特に好きではない。
最近、少し“和モノ”趣味があるので、少し興味を持っているが。

キムタクは、
そんなに気にならなかった、かな?
あまりちょん髷が似合ってなかった気はする。
とくに“さかやき”を剃っている時はまだいいが、伸びた状態が。

三作どれもそうだが、
下っ端の武士がさらに追い込まれる。
そこで、不精“さかやき”がどれにも登場する。
ほんとに、みすぼらしい、情けない感じがする。

何だか今回は、
着物の着方や帯の締め方なんかに気をとられたかな?
壇れいさん、綺麗かった。
笹野高史さん、いい味足してた。

今度
「花よりもなほ」
「たそがれ清兵衛」みよ!

やっぱり、時代劇かよっ!


2007/09/18 23:51
旧「ODNまいぺーじ」より転載
posted by たにぃも at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック