2009年01月25日

(演劇と落語の)続きを、一寸?

前回のが文字数オーバー? 途中で切れていた青ざめので今日は続きを一寸(全然一寸じゃない!)

柳家喬太郎さんとラッパ屋主催・鈴木聡さんのトーク。
舞台に合った二人掛け(ラブチェアー)に、白髪でメタボと禿げたおっさんが二人隣り合わせで座ることに。さすがに、すんなり座るわけにもいかず、少しやり取りがあって、けっきょく座ることに。青ハート

こういう落語会をひらこうとしたのは、小劇場に足を運ぶお客さんと、落語を観に行く人は似ているのではないか、少しマニアックな感じが、と鈴木さんが感じたから。そして数多くいる噺家の中から柳家花緑さんと喬太郎さんが選ばれた。とか
「牡丹灯籠お化け」は、舞台のセットに負けない噺、夏を思わせるセットから連想し「夏の臨海学校やキャンプやしのきとくれば怪談でしょ!」、そして芝居を観る人に合いそうな噺、で高座に上がってから決めた。とか
作り手である鈴木さん(NHK「瞳」の脚本などなど)と演者でもあり、脚本・演出でもある喬太郎さんが、キャラづくりについて、など・・・。

トークが終わって仲入りまえに喬太郎さんが「仲入り後は耳にタコの噺です」といったので、「夜の慣用句」かなと思ったら・・・。

仲入り後、出囃子にのって、カウンターの後ろからひょっこり現れた喬太郎さん。初めて京都の祇園へいった噺。芸子さんに教えてもらった踊りを披露! これがまた「お客さん、引かないでくださいね!」と前置きをしつつきわどい踊り。

演目は「ハワイの雪雪の結晶」。
あー。これ生で聴きたかった噺。

大満足花丸の落語会でした。OK!

ほなな
ラベル:落語
posted by たにぃも at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック