2010年02月07日

居酒屋(赤ちょうちん)落語本ノート2(開)入手 で、一寸

「この落語家に訊け!」

??

と思う方は、
ここ数年の落語本を読んだことがある方。

といのは
「この落語家を聴け!」
という本が2008年に発刊されている。

気づいてますか?
「この落語家(に)(訊)け!」

著者は同じ広瀬和生さん。
ハードロック/ヘビメタ月刊誌の編集長。
落語会などでちょくちょく見かけます。
今年50歳になるようでが
茶髪のロン毛。

最近は、堀井健一郎さんよりも
遭遇率が高い気がします。

「…を聴け!」は、
聴いておきたい噺家51人を紹介しています。

「…に訊け!」は
いま、噺家が語る新しい落語のかたち
というサブタイトル。インタビュー大全です。

春風亭昇太、立川志らく、
柳家花緑、柳家喬太郎、
三遊亭白鳥、柳亭市馬、
橘家文左衛門、立川談笑、
桃月庵白酒

お爺ちゃんはいません、
いま、そしてこれからの噺家さんの
インタビュー集、

まだ、まったく読んでないけど
楽しみだ!


ほなな
posted by たにぃも at 23:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじまして平謝り

カテからやってきました!
ワタシも落語好きで、この本は興味深いです。
昇太さん、志らくさん、花緑さん、大好きです!
Posted by ☆EMURA☆ at 2010年02月08日 18:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック