2010年02月09日

居酒屋(赤ちょうちん)池袋居酒屋(赤ちょうちん)さん喬一門かい? で、一寸

色物、前座を除く
落語家は全部で9人。

そのうち3人
橘家文左衛門
喬太郎さんともよく落語会をする
強面の噺家。

柳家喜多八
小三治の弟子、脱力系。

古今亭菊之丞
女形風、だが渋い声の持ち主。

この三人が出演しているのも
なかなかの充実感。


そして、あと6人が、さん喬一門。

柳家さん喬
師匠はあっさりと「子ほめ」

柳家喬太郎
この芝居のトリは、この方。

柳亭左龍
師匠も羨む? 高座名?

そして
柳家喬之助
の真打三人揃い踏み

さらには、二つ目
柳家さん弥
柳家小太郎


喬太郎さんテンション高かったぁ
「彫師マリリン」は初めて聴いた!

そして、全体的に一体がある感じがした。
寄席でこんなにまとまっている感じって
初めてかもしれない!

もう、一寸
書くかもしれません。


ほなな
posted by たにぃも at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック