2010年03月17日

さるゲストでたっぷり日本茶小三治 で、一寸

相模大野まで行ってきました。
二度目ですね。
でも、前回は大ホール、今回は多目的ホール。
小さな可動式の床に椅子を並べた会場。
7列目の真ん中。

瀧川鯉昇さんに
柳家小三治さんが一度に聞けるなんて、今後もあるのだろうか?
鯉昇さんはレギュラーで、小三治さんは、第500回記念のゲスト。

客層は、少し高め。
やや地方の公民館のような感じです。
時間も一寸早めだし。

この日は、
ポッドキャストの「お台場寄席」で鯉昇さんを気に入っていった、
同じ職場の人も一緒!
しかも、小三治さんがゲストなんだから。


番組表にはない
開口一番が登場!
春風亭昇吉さん、なかなかの可愛らしい顔をしてますね。
「一目上がり」
会場の笑いは、ややスロースタート。
でも、サゲに近づくにつれ、笑いも起こってきていました。

柳家ろべえさんも、なかなかのイケ面ですね。
いつも通り(といっても、聞いたのは数回ですが)
「ろべえ」の由来のマクラから、三ぼう、けちん坊。
ややつっかえるのが気になった。
「片棒」次男で終わり。


そして、お馴染みの出囃子「鯉」。
鯉昇さん、登場。
お辞儀をして、
会場を見渡して、
ふーっっと息を吐いて
ニヤリと笑う。
一言も話していないが、会場から笑いが起こる。
「えーーーっ!」
ここから、人から聞いた噺を横流ししてくれる。
お決まりのマクラではないから、いつ演目に入るのか分からない。
延々と面白噺が続きそうだけど、趣味つりの話題から
「馬のす」へ
話をはぐらかしながら、飲んだり、食べたりする感じが可笑しい。
やっぱり、面白いよなぁ。

仲入り

立川談之助さん。
「笑点」メンバーより派手な着物で登場!
蛍光オレンジ? テラテラ光った着物。でっかい房の羽織紐。
会場も一瞬、唖然としている感じが漂う…。
師匠の談志さんが、
「今度こそは…。ところが息を吹き返した…」
など、なかなかブラックなギャグが続く。
この「八起寄席」は四派が出ている。
なぜ四つに分かれたかという話から、「もうすぐ戻れる…」などなど。


そうこうしているうちに
二上がりかっこ♪
「高座に上がる前は、何を話そうかなんて考えていない。」
「出る前に鯉昇さんと話をしていた。刀の話を…」
小三治さんは、日本刀をを二振り持っているそうです。
その経緯や時代劇が好きなので、
着物の紋に「変わり羽団扇」のものも持っている(この日着ていたもの)。
その「変わり羽団扇」は、嵐寛寿郎の鞍馬天狗のもの。
「我慢して努力すれば生きているうちに報われなくても、
来世報われる。」という親の教えから、
50を過ぎて
「来世はどうでもいい! 今、楽しもう!!」に変わったこと。
そして「小三治」になりたくなかった噺。
さらに、「なんでも鑑定団」が面白い。
20時過ぎから、21時ちょうどぐらいまで
基本は日本刀の噺。
今日はホントにマクラだけで割るかと思った。
21時頃(終了予定時間)、骨董品の噺から「猫の皿」を15分くらい、で終わりました。

ゲストでも、トリでたっぷり話す小三治師匠でした。

2時間半の会も珍しいと思っていたけど、それでも延びました。
一緒に言った人も、
「刀の話、長っ!」って言ってました。


ほなな
posted by たにぃも at 01:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 小三治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、いちこです。


鯉昇サン登場の描写は、リアルに情景が浮かびました。
読んでいて思わずコチラも笑ってしまいました。
鯉昇サンはレギュラーなんですね。

それでもやはり、この組み合わせはきっと珍しいのだろぅと思います。


“小三治”という名前は先代の小さん師匠も名乗っていた名前でしたよね、確か…!?
そういう意味で言えばプレッシャーがあったりしたのでしょうか…。

マクラが長いと分かっていても、
えっ、もしかして今日は落語ナシ!?
なんて思ってしまいます(笑)。

4月4日の立川が待ち遠しいですうっしっし(ネコ)
Posted by 未設定 at 2010年03月25日 14:17
右矢印1いちこサマ
鯉昇さんの一言めまでのあの間が好きです。
少しでも伝わったのなら、うれしい!

師匠の五代目・小さんも、小三治でしたが
柳家の出世名と言われ、小三治は小さんの名前が半ば約束されたようなもの。

「私が十代目ですが、10人中3人が小さんを継いだ。
三割打者ですね。」(と小三治さん談)

学校の先生である親から逃れるように落語家になって
そこでも、出世を運命づけられるのが嫌だったようです。

落語ナシの日には出会っていません。
最近は、ないのでしょうかね?
Posted by たにぃも at 2010年03月31日 14:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック