2010年03月31日

飛行機コレ辰でも猟犬花見(さくら)落語ラーメン花見(さくら)だ で、一寸

3月22日(月・振替休日)

白鳥・鶴笑二人会
オープニングは、立ちトーク。

白鳥さんの落語会はこういうスタイルが多い。
白鳥さんが独りで出てきて、軽く紹介された鶴笑さんが登場。
まさに関西の芸人さんらしい感じ。
二人とも、浅草の東洋館に出ている仲。

鶴笑さんがパペット落語を初めたきっかけなんかも紹介。
ホントに簡単に言うと、大阪には寄席が無いから落語でありながらもインパクトを、そして分かりやすく…
そして、こうなった、と。
それが、海外にも通じる物が出来上がった。


初めは、
白鳥さんの飛行機「はじめてのフライト」
鶴瓶さんのツアーのゲストでスベッた「サギ」噺の話、そして今日やる最近のテッパンネタのフリ。
時事ネタなので旬なときだけ、今だけのネタ。
おざわイチロウくんの少年時代。テレビで出来るのかな?
それでも、白鳥ワールドでした。


鶴笑さんの辰「ゴジラvs.モスラ」
はじめは普通の落語風に、「時そば」を実演したい人
屋台のそば屋へ行ってやっている。
と、そこへゴジラが現れた!
袴の右ひざをまくってヒザを立てると「ゴジラ」が現れた。
紙に書いたビルを立てかけ、それを足で踏み潰す。
寝転がって、両足で巨大化したゴジラ。
科学特捜隊、ウルトラマン…双子の妖精、モスラ幼虫、成虫。あれこんなに、ガメラも出てきたかな?
お客さんを巻き込んでの大熱演!!

仲入り

あ、そういえば、私の座っている席は、
前から二列目、ほぼ中央。
後ろが少し広く空いていて、3列目がA列、ここから傾斜がついています。
可動式の座席、多目的ホール。


後半は、鶴笑さんから
花見(さくら)「千本桜」猟犬
歌舞伎の世界をパペット落語で見せてくれます。
両膝で二人の登場人物を、手を突っ込み動きを出す。
早変わりに、宙乗り(釣り竿を使用)。
なんと、安上がり。
こちらも、観客を巻き込んで、大熱演!!!


最後は、
白鳥さんの花見(さくら)「ラーメン千本桜」ラーメン
図書館で子供用絵本の歌舞伎「千本桜」を読んで作ったとさ。
本物はもちろん見ていません。

父親の跡を継いで、兄弟でラーメン店を大きくしたが
仲たがいをさせられ、弟は屋台のラーメン屋に。
しかし、その店をライバルが潰そうとして、ラーメン対決をすることに。
兄は金勘定ばかりで腕はいまいち、さて弟は駆け付けるのか!

てな噺。
ま、相変わらずの白鳥ワールド。
主人公が人間なだけ、普通っぽい作りになっております。


ほなな
posted by たにぃも at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック