2010年05月22日

熱かぜうどんラーメン勝ち誇りダッシュ

前回更新から一週間を過ぎてしまいました。

前回更新したときは、
のどの調子が悪いくらいだったのが

その後、
勝ち誇りダッシュせきが出て、熱熱が出て

そして、眠い鼻水雫(涙・汗)が出ております。


ネクタイ仕事は相変わらずマラソンダッシュ忙しく、救急車病院へも行かず…

でも、仕事も風邪も山は越えました。


体力が弱って、食欲が無いとき
「うどんラーメンでも食べよう」と思うのは、関西出身だからなのだろうか?

落語にも、「かぜうどん」というのがあるが
風邪ひいたから、蕎麦でも食べて…
ってことを聞いたことがない気がする、日常でも。

子供のころに、
風邪をひくと温かい“卵とじうどん”を母親が作ってくれて
何だか力がよみがえる気がしたのを覚えている。

江戸落語を聴いていると、「死にかけのメメズがのたくったみてぇ」とか
なんともボロクソにいわれるうどんやけど、
関西出身の私には、心が温まる食べ物のひとつです。


そう入っても、子供のころから外食するときは「蕎麦」をよく食べました。
しかも「山かけ蕎麦」。

うどんの方が、家庭に密着した食べ物だったのかな?
ただいま、回復中!


ほなな
posted by たにぃも at 07:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、いちこです。

なかなか更新がなかったので、あれっ!?と思っていましたが…。
仕事・病状共に山は超えたという事ですが、無理なさらずに、お大事になさってください。


私は東京の人間ですが、子どもの頃、ホントにひどい時はお粥、ちょっと回復してきたら“うどん”を食べてました。
回復期のうどんは楽しみでした(笑)。

早く元気になるといいですね☆
Posted by 未設定 at 2010年05月22日 23:01
右矢印1いちこサマ
なんとか、峠は越えました。
やっぱり、そういうときは、“そば”より“うどん”ですよね!

たしか、うどんは消化に良くて、エネルギーにも早く変わるし、温まるんで、実質的にもいいんだとは思うのです。


上方の「かぜうどん」、江戸の「うどん屋」
大阪の噺が、東京へ移ってきたものは結構ありますが
うどんが出てくるものって、他に聴いたことが無いですね。
Posted by たにぃも at 2010年05月25日 13:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック