2010年10月05日

志の輔らくご@赤坂ACTシアター

志の輔さんは、
7月のルテアトル銀座「ビ・ギン・ザ・ビギン」以来ですね。
そして、久しぶりの2階席。

4日連続の最終日。

「志の輔らくご」へ行くと、
のぼりがいっぱいあって、にぎやかな雰囲気がいいですね。
そして、お祝いの花も。

高座は、低めの板の間(と言っていいのか?)に座布団一つ。
いわゆる、金屏風に赤い毛氈の高座ではありません。
音楽も違います。
これも、志の輔らくごですね。


演目は
「バールのようなもの」
「高瀬舟」(森鴎外:作 小説「高瀬舟」読みきり)
「徂徠豆腐」

とても身近な、話題からいつの間にか落語へ。
新作のなかでも
「バールのようなもの」に出会う率が高くて、他のも聴きたいなぁ、と思いつつ
とても笑わせてもらいました。

お囃子が聞こえてきて、上手から、お姉さん型がスライドしてくる。
唄、三味線、笛、太鼓、鼓。
よくわからないが京都の関係のもののよう。
そして、下手へ滑るように入って行きました。

「高瀬船」
こんなのもあるぞ! っと。

端の席なので、人の出入りもあるので、席を立ってうろちょろ。
思わず「午前様らいぶ 一」(三軒長屋)を買ってしまった!

腸カメラの体験。
人のために働く、看護婦さん、そして消防士さん。
世のため人のためにと思い、働くひとは偉いなぁ…
そんな、マクラから「徂徠豆腐」

私は、2度目か3度目くらい。
他で聴くことが無い噺ですね。いい噺です。
美味しい豆腐が食べたくなります。


ま、私的には驚きの新鮮さは無いのですが、
落ち着いた、いい落語会でした。


ほなな
posted by たにぃも at 20:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、いちこです。

志の輔サンの会、たくさん行ってますね〜☆
チケットなかなか取れないですよね!?
独演会は、今年は1月のパルコしか行ってないです。

「バールのようなもの」…代表作ですよね…私は一度も聞いたことがないんです。

「ソ徠豆腐」…“そ”の字が出ません(泣)…は、初めて志の輔サンの会に行った時のトリネタで、途中で寝てしまいました(泣)。

二度目の時は大丈夫でしたが♪♪
Posted by 未設定 at 2010年10月16日 19:12
右矢印1いちこサマ

沢山と言えるのかわかりませんが、今年は3回行っていますね。
1月のパルコ(今年初めて)、7月に銀座、9月の赤坂
どれも、独演会じゃなくて「志の輔らくご」で、今年だけでいえば、演目がカブっていないのがラッキーです。

他にもチャレンジしましたが、日本橋はハズレて、にぎわい座はとれなかった。

「徂徠豆腐」
わりと、静かな渋めの演目ですしね。


もう、来年いろんな落語会の予約も始まっていますが、
1月は、上野の小三治さんと、志の輔さんのパルコに絞って、あまり入れないようにしています。
Posted by たにぃも at 2010年10月20日 13:11
こんにちは、いちこです。

絞ろぅと思っても最初だけで、気がつくとどんどん増えてしまいます(笑)。

1月は既に3件、2月も1件、チケットを取ってしまいました。

志の輔サンのパルコは、また行きたいと思っていますが…取れるかなぁ。
鈴本の新春興行、小三治師匠の部、行きたいですねぇ☆☆☆
Posted by 未設定 at 2010年10月23日 20:09
右矢印1いちこサマ

私は、基本は日、月なのでチャンスは4週。
小三治師匠が初っ端で(三年連続中)、志の輔さんのパルコ
(完全に取れるつもりになってます)
それも、いつが取れるか分からないし。

そんな私も
1月の予定を入れようとしています。
白酒さん(1月31日)。
Posted by たにぃも at 2010年10月27日 00:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック