2010年11月01日

映画(かちんこ)東劇で居酒屋(赤ちょうちん)落語をみつけた で、一寸

シネマ歌舞伎を観に行ったときに見つけたチラシ。




こんなものを見つけました。


スクリーンで観る高座「シネマ落語」
(志らくさんは関係ないです)
「落語研究会
 昭和の名人」

昭和の名人がシネマで復活!
伝説の名演、夢の顔合わせ!


八代目
桂 文楽
「明烏」

三代目
古今亭 志ん朝
「抜け雀」

十代目
金原亭 馬生
「親子酒」

六代目
三遊亭 円生
「掛取万歳」

12月11日(土)〜24日(金)
東劇にて限定公開!

前売鑑賞券1,800円
(当日料金2,000円の処)
全席自由席、入れ替えなし。


味気の無い言い方を言えば
「落語研究会」の映像をでっかい画面で見られる
と、いうことですね。

どうせなら、
十日間、違う演目をかけるというのも
面白かったのに。
さて、どうする?


ほなな
posted by たにぃも at 12:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、いちこです。

そこで上映される「落語研究会」の映像は、流通されていないモノなんでしょうか。

ちょっと気になる興行ではありますが…。


ちなみに、私は来月23日のよみうりホール、家元の“ムービー&トーク”のチケットは取りました(笑)。

2007年の伝説の「芝浜」は、6月に初めてDVD化 もされましたが、まだ買えていないのでスクリーンで見ちゃお!!と。
トークのみですが本人も出ますし。


4名の4席で、一回なんですかね。
生前の姿をよく知っている世代のほうが、きっと楽しめるでしょうね。
Posted by 未設定 at 2010年11月11日 19:50
右矢印1いちこサマ

流通されているものかどうかは、チラシに書いてないですね。
でも、四人とも「落語研究会」のDVDが出ています。
そして、映画でやる演目は入っています。

DVDの中に入っていないものなら、「DVD未収録」とか、もっとそのへんを打ち出すだろうし
そういう意味では、DVDの大々的なPRともとれるし、よほどの落語好きでないと、全て買う人もいないでしょうから
つまみ食いできるという、ありがたさもあります。

カセットテープやCDは出ていても、映像はあんまり今まで出ていないんじゃないでしょうか?

行くかどうか、ちょっと、悩みますねぇ。
Posted by たにぃも at 2010年11月13日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック